2013年04月23日 配信

4/23(火)子ども美術館で企画展「ニョロのいえ」

千葉県内初出展、不思議な生きものニョロの世界

IMG_0653nyoronoie.jpg  
   

 ふなばしアンデルセン公園子ども美術館(船橋市金堀町525 TEL047-457-6661)で4月20日から千葉県内初出展の不思議な生きもの「ニョロ」の企画展「ニョロのいえ」が開催されている。

 「ニョロ」はヘビのように長く、トカゲのように手足が生えていて、胴体は色とりどりの柔らかいフリース素材を縫い繋ぎ制作されている。「ニョロのいえ」は、美術作品には珍しく「触れてもいい」企画展。展示は、同美術館2階の「展示室」で行われており展示会場が「ニョロ」の家の中という設定だ。

 「ニョロ」以外の展示物も触れたり、遊んだりする事が可能。「感触を楽しみながら美術やアートを身近なものとして親しんで欲しい」と、制作者の関野宏子さん。

 展示作品は、メーンの「ニョロ」7点のほか、つなげたり、離したりすることで帽子や服のようにかぶったり、まとったりすることができるフリース素材の「チエノアナ」なども展示。

 4月29日と5月19日にはワークショップ「つながる!マイニョロさんをつくろう!」が10時30分~、12時30分、13時30分~15時30分で1日2回予定されている。会場は、子ども美術館談話室。各回20人限定で、参加資格は幼児から。費用は300円。4月1日から予約受付が始まっている。

 問合せは、047-457-6661(近藤・田島)。展示期間は、6月9日まで。同園の営業時間は、9時30分~16時。月曜定休。

IMG_0655nyoronoie.jpg IMG_0660nyoronoie.jpg
↑「ニョロ」の端切れを使ってつくる大きな「ニョロ」 ↑触って遊べる「チエノアナ」
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ