2013年01月07日 配信

1/7(月)船橋ケイバで「最強の地方馬」フリオーソ引退式

39戦11勝、G1レースで史上最多6勝「最強の地方馬」

P1380487hurio-sointai.jpg  
   

 地方競馬を代表する名馬として知られている船橋競馬所属の「フリオーソ」(牡・9才)引退式が7日、船橋競馬場(船橋市若松1-2-1)で行われ、会場に多くのファンがつめかけた。

 フリオーソは、全39戦11勝の内最上級のレースであるG1レースで史上最多の6勝を挙げており、賞金獲得額でも史上最高額となる約8億5000万円という名実ともに地方競馬を代表する馬。

 2004年5月1日に生まれ、2006年デビュー。デビューの2006年にはG1レース「全日本2歳優駿」を5番人気ながらもJRAの有力馬を相手に2馬身以上の差をつけて優勝。中央競馬と地方競馬の交流競走に指定されている「帝王賞」(G1)では2008年、2010年の二度にわたり優勝している。

 また、中央競馬のレースにも出走経験があり2011年にG1レースの「フェブラリーステークス」では2着に入っている。

 

 2012年5月に足の病気を理由に長期休養に入り12月に引退を発表した。引退レースとなった12月29日の「東京大賞典」では約7ヶ月の休養明けの為か6着に終わっている。引退後は、種母馬として活躍する予定。

 この日は、8レース終了後に「フリオーソ引退式」が行われ調教師の川島正行さん、騎手の戸崎圭太騎手ら関係者に花束の贈呈が行われ全レース終了後にはファンとの記念撮影会も行われた。また、競馬場内では「ありがとうフリオーソ」と題した写真展も行われ引退を惜しむファンらがつめかけた。

hurio-sointai 009.jpg hurio-sointai 011.jpg
   
hurio-sointai 020.jpg hurio-sointai 038.jpg
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ