2012年12月17日 配信

12/17(月)習志野台の宅建ホールでママのイベント

今年最後のワークショップ大会

morizoukanshasai 002.jpg  
   

 高根~習志野台地域を中心に活動するワークショップ主体のママサークル「森zou」が宅建ホール(船橋市習志野台1-33-5)を会場に17日、今年の総決算となるワークショップ大会を開催した。

 「森zou WORKSHOP 大感謝祭 2012 ARIGATOU」は、同サークルに登録しているワークショップが一堂に会して行ったワークショップの祭典。この日は、20のワークショップが、同施設の小ホールでワークショップを展開した。

 また、大ホールではNPO法人Ubdobe代表の岡勇樹さんが講師を務めた講演「『これからの福祉』カギをにぎるママさん達へ」が10時~12時に行われた。岡さんは講演の中で「子育てと高齢者介護に共通する部分が相当数ある。ママさんは子育てを通じて既に介護のプロ」と紹介し、「短時間勤務でもそれなりに高収入を得ることの出来る福祉業界はこれからのママのフィールド」と結んだ。

 ワークショップは、ニット小物やアクセサリーの販売、オイルセラピーやハンドマッサージ、年賀状ワークショップから飾り寿司など幅広い分野のものが展開された。この日ワークショップに来場したママは約50人。スタッフ含めて90人が参加した。子どもが託児を受けている間にママがワークショップを体験できるとあって多くの子連れママが来場した。

 この日の売上から10パーセントがNPO法人Ubdobeの活動に寄付され、福祉の充実や現場で働く若いヘルパーの出会いイベント開催などに活用される。

 森zou主催者の村田寿美礼さん(36)は、「大感謝祭で多くの人がつながって森のように人間関係を広げてほしい」と笑顔を見せた。

morizoukanshasai 003.jpg morizoukanshasai 004.jpg
   
morizoukanshasai 007.jpg morizoukanshasai 008.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ