2012年10月28日 配信

10/28(日)ときわ湯で「アートのくに」とママたちの「ハロウィン」

アーティストのグループ展とママ達のハロウィンがコラボ

harouxin ishida 072.jpg  
   

 船橋で古くから市民に親しまれてきたが、昨年営業を停止した老舗銭湯「ときわ湯」(船橋市本町3-20-12)を活用したアートイベント「アートのくに」が26日~28日の3日間、ママサークルFAMの「ハロウィン」イベントが27日に行われた。

 アートイベント「アートのくに」は、ときわ湯最後の当主・安田くにさんの孫にあたる花文字アーティストで似顔絵画家の安田仁美さんが企画、仲間のアーティスト6人とともにグループ展を行った。

 グループ展には、飴細工作家の尾崎真実さん、抽象画家の瀧麻由子さん、イラストレーターの坊弘子さん、徳山きみあきさん、チョークアーティストの八木幸世さん、村井恵理子さんの6人。グループ展は、銭湯の鏡や浴槽などを活用して作品を展示、訪れた来場者にそれぞれの作品をPRした。

 グループ展と同時開催で27日には、ハロウィンの仮装コンテストも実施、優勝者には似顔絵と飴細工が賞品として与えられた。28日には、銭湯での寄席「わらいのくに」も行われ多くの来場者でにぎわいをみせた。

harouxin ishida 016.jpg harouxin ishida 021.jpg
↑抽象画家の瀧麻由子さん ↑チョークアートの八木幸世さん、村井恵理子さん
harouxin ishida 032.jpg harouxin ishida 033.jpg
↑イラストレーターの坊弘子さん ↑ゆるキャライラストレーターの徳山きみあきさん
harouxin ishida 041.jpg harouxin ishida 051.jpg
↑イベント主催者で花文字アートと似顔絵の安田仁美さん ↑飴細工作家の尾崎真実さん
CIMG8329-.jpg CIMG8319-.jpg
↑ママサークルとアーティストグループがコラボで仮装コンテストも  
CIMG8299-.jpg  
↑作品の展示は全て銭湯を使用  

 また、27日行われたママサークル「FAM」が主催する「ハロウィン」の街歩きイベントと同グループ展も相互に協力し合いアートとママがコラボし、地域で網の目のようなネットワークを構築し互いの集客に寄与した。

 

 ハロウィンの街歩きイベントには、子ども29人、大人20人の計49人が参加。船橋駅周辺の飲食店や美容室4店舗が街歩きに協力、ベビーカーを押した約50人の集団が「トリック・オア・トリート」と、呼びかけ船橋の下町地域でハロウィンイベントを楽しんだ。この日のスタート地点とゴール地点に「ときわ湯」を設定。

 同店では、ママと子どものハロウィン仮装コンテストや普段子育てで鍛えているという「ママの腕相撲選手権」、子どもの為の「手遊び」「絵本の読み聞かせ」など多様なイベントも催された。

 

 この日、イベントに参加したママの一人は「銭湯でのイベントにははじめて参加した。とても新鮮な感覚で楽しかった」と笑顔で感想を語った。

image_1351331964283619-.jpg image_1351331947607802-.jpg
   
image_1351331986159095-.jpg image_1351332028937411-.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ