2012年10月22日 配信

10/22(月)本中山6、7丁目町会主催「秋祭り」

よさこいや阿波踊りなどで、会場も一体に

20121021motonakayama01.JPG  
   

 原木中山駅近くの周辺道路を会場に、本中山6丁目、7丁目町会主催の「秋祭り」が、21日に開催された。

 毎年この時期に開催される同祭りは、前日の高石神社祭礼に合わせて行われる恒例行事。6年ほど前から一部道路を歩行者天国にして開催され、この日も町会主導の下、近隣商店、子供会、周辺住民らによる出店やフリーマーケットなどで賑わいを見せた。

 祭りは子供神輿に始まり、地元でお馴染の「原木葵太鼓」による演奏、この日のために練習したという子供会の「マルモリダンス」や「東京スカイツリー音頭」などで会場は盛り上がりをみせた。

 町会の有志と「江戸とんび連」による「阿波踊り」では、見物客らも巻き込みながらさらに盛り上がりを見せ、祭りのメインとなった県内外で活躍する「REDA舞神楽」の演舞に大きな歓声が上がった。

 阿波踊りやよさこいなどでは、その場で踊りの指導もあり、飛び入りで参加できる時間も。会場全体が一体となり、子どもから大人までが祭りを一緒に楽しんだ。

 会場内を練り歩いた子供神輿のうち、1台は町会役員による手作りで、「子どもが喜ぶ祭りにしたい」と役員の一人、中村さん。「たくさんの世帯に楽しんでもらい、田舎が遠い人もここで田舎の雰囲気を味わってもらえたら」と、地域に根付いた祭りを目指している。

(池田)

20121021motonakayama02.JPG 20121021motonakayama03.JPG
20121021motonakayama04.JPG 20121021motonakayama05.JPG
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ