2012年10月14日 配信

10/14(日)千葉ジェッツ2年目の開幕戦で108対86で快勝

チーム最多得点記録104点を更新

chibajetskaimakusen 380.jpg  
   

 船橋に本拠地を置くプロバスケットボールbjリーグ所属の千葉ジェッツは13日、船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)で開催された2012-2013シーズンの開幕戦「東京サンレーヴス」戦においてこれまでのチーム最多得点記録を更新する108得点で快勝した。

 ジョー・ワーナー選手(#34)のファーストシュートから始まったこの試合、今シーズンから投入した外国人の新戦力が大きな活躍を見せ、前半の2クォーターを61-38と快調に折り返した。

 前半2クォーター終了時点でワーナー選手、マーキン・チャンドラー選手(#35)は、3Pシュートの決定率が100パーセント。内外から着実に得点を重ねる千葉ジェッツに対して、今年からbjリーグ初参入の東京サンレーヴスにはミスが目立った。

 

 後半戦の序盤、両チームともにファウルが重なり、千葉ジェッツの攻撃が一時勢いを落とすと東京サンレーヴスは点差を詰めにかかった。しかし、千葉ジェッツは、チャンドラー選手のアウトサイドシュートで再度東京を突き放しにかかる。一色翔太選手と佐藤博紀選手がコートに入り速攻を決めると勢いに乗った千葉ジェッツは、3クォーター終盤に得点を80点台に乗せる。

 最終クォーターに入っても攻撃の手を緩めず、全選手が貪欲に得点を狙う事で、これまでのチーム最多得点記録104点を上回る108得点で快勝した。

  

 試合後に千葉ジェッツヘッドコーチの冨山晋司さんは「今日は全選手に出場してもらい、全員が得点をした」と、この日の試合を振り返った。「今シーズン、勝てるバスケットを目標にチーム作りをしてきた」とも。

 また、東京サンレーヴスのヘッドコーチ青木幹典さんは、「前半で全てが決まった。3Pシュートの決定率80パーセント以上は驚異的。打つ手が見えなかった」と完敗を認めた。この日の来場客数は2131人。

 この日、3Pシュート6本全てを決め勝利に貢献した千葉ジェッツ・チャンドラー選手は「今日はシュートがたくさん入ったしディフェンスも良かった。反省点を改善しステップアップしてゆけば、更に素晴らしいチームになると思います」とコメントした。

 千葉ジェッツの次の試合は船橋アリーナで14日に行われる東京サンレーヴス戦。14時ティップオフ。

chibajetskaimakusen 002.jpg chibajetskaimakusen 008.jpg
   
chibajetskaimakusen 019.jpg chibajetskaimakusen 046.jpg
   
chibajetskaimakusen 106.jpg chibajetskaimakusen 132.jpg
   
chibajetskaimakusen 172.jpg chibajetskaimakusen 279.jpg
   
chibajetskaimakusen 479.jpg chibajetskaimakusen 662.jpg
chibajetskaimakusen 829.jpg chibajetskaimakusen 905.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ