2012年10月03日 配信

10/3(水)ビビット南船橋に食の専門店街「南船橋食小路」

付加価値訴求型店舗で百貨店を意識

tabekomiti.JPG  
   

 キャピタランド・リテール・マネジメント(東京都千代田区)が運営するショッピングモール・ビビット南船橋(船橋市浜町2-2-7 TEL047-495-1515)の1階テナントとして食の専門店街「南船橋食小路」が4日オープンすることがわかった。

 約200坪の売り場に5業種の食に関する専門店が入居。「価格訴求型で量販がコンセプトのスーパーに対して、付加価値訴求型と質販をコンセプトにした専門店を集積します」と同施設広報。「百貨店クラスの安心・安全・高品質をリーズナブルに提供する」とも。

 また、試食や対面販売、少量の切り売り対応、調理方法のアドバイスなど専門店街ならではのサービスも充実させる。今回出店が決まったのは、ころくや(青果部門)、さかなや旬(鮮魚部門)、肉処牛蔵(精肉部門)、foodway(グロサリー部門)に加え、サラダキッチン(サラダ量売り)、ハイカラ亭(唐揚げ)、勝将(とんかつ)、美味亭(弁当)、旬菜バイキングといった惣菜部門5店舗という顔ぶれ。

 同施設の発表によると「ちょっと贅沢」「ちょっと上質」「食べたくなるワクワク」「地元の信頼・安心」を身近に感じられるように、シンプルかつ親しみやすい「タベコミチ」という呼称をつけたという。

 また、2004年の開業から「ビビットスクエア」として親しまれてきた同施設は、10月1日から施設名称を変更し、「ビビット南船橋」となる事も発表した。「地域の方にはビビットの愛称で呼ばれ親しんでもらってきた。角(スクエア)をとって地域の中で有機的な変化を遂げてゆく丸くて柔らかいビビット南船橋として歩んでゆきます」と同施設広報。

 

 営業時間は、10時~21時。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ