2012年09月08日 配信

9/8(土)二和の梨農家で「ビックリ梨」

「40年農家やってきて初めてです!」と驚愕の表情

nashioodama 012.jpg  
↑向かって左がビックリサイズの幸水、
 右はLサイズ(280グラム)の幸水
 

 梨生産の盛んな二和・三咲地区で農業を営む「船芳園」代表の加納一男さん(60)が、「40年以上梨生産をしてきて初めて」という1キロを超える大玉の梨が見付かった。

 今回見付かったのは1キロを超える大玉の幸水。「新高でも珍しい1キロを超える大玉サイズが幸水でここまで大きなものが出来たのは初めて」と加納さんは驚きの表情を見せた。現在主力で出荷されている幸水の平均サイズは、360~420グラム程度。これまでに加納さんが製造した中で最も大きかった幸水は800グラム程度だったという。

 市内で今夏出荷されている梨は「例年比で104~110パーセント程度と玉のりが良い」というが、7月以降に台風が来なかった事や天気がよく暑かった事、適度な雨量が確保されていた事、灌水がうまくいった事など様々な条件が全て満たされたために肥大したと見られている。

 通常、この地域で行われている梨の大玉コンテストは「新高」で行われるが、1,100グラム超から2,000グラムに満たないものがほとんど。幸水で同クラスのものが製造されたのは珍しいという。

 

 収獲した直後には1,100グラムを超える重さだったというこの幸水、取材時に計測した時には「水分が抜けたため」か1,000グラムを少し超えた重量だったが、生産者の加納さんは「もう、このサイズの幸水を見ることはないだろうな」と笑顔を見せた。

nashioodama 002-.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
二和の梨畑で梨の花が満開-受粉作業に梨農家、一家総出で大わら... 4/13(日)二和の梨畑で梨の花が満開 受粉作業には一家総出で対応      船橋市内の梨農家では受粉作業が最盛期を迎え、天気の良い日には一家総出での作業に取り組んでいる。  船橋市内でも観光梨園として発展してきた二和三咲地区の梨農家では桜の最盛期が去...
ついに来た!船橋産の梨を使った「梨シャーベット」-カクテルタ... 10/30(火)船橋産の梨を使った「梨シャーベット」試作品完成 アルコール入りの「カクテルタイプ」も同時販売に        全国でも有数の和梨産地である船橋市の梨を使用した梨シャーベットの試作品が10月初旬に完成していたことが分かった。  梨...
「梨選果場」から今年最初の梨-10kg箱1,000ケースを出... 8/5(日)JA選果場から梨の初出荷 「糖度高く、実も大きめ」と生産者        船橋市内北部の梨農家が出荷するJA市川市の選果場(船橋市豊富668 TEL047-457-0023)から5日、今年最初の梨の出荷が行われた。  この日出荷され...
二和の梨収獲予想は「例年通りの収獲」-降雹・台風の影響もはね... 6/28(木)二和の梨収獲予想は「例年通りの収獲」 降雹や台風の影響も受けず   ↑梨の成長を見守る加納芳光さん    船橋市内でも特に梨栽培が盛んな二和・三咲地域で梨農家を営む船芳園(船橋市二和東2-6-1 TEL047-448-2158)では、...
古和釜幼稚園の園児が佐由園で梨狩り、園児だけでなく一般の梨狩... 9/15(木)古和釜幼稚園生が佐由園で梨狩り 幼稚園生だけでなく一般の梨狩りも受け入れ            市内にある佐由園(船橋市二和東1-12-6 TEL047-448-2856)で9...
「船橋のなし」糖度の秘訣はサラブレッド、梨農家が美浦へ堆肥の... 7/15(金)「船橋のなし」糖度の秘訣はサラブレッド 梨農家の堆肥買い付けに同乗        ふなっしーの登場で一躍全国的にメジャーな梨の産地になった船橋市、「船橋のなし」の特徴は瑞々しくジューシーで糖度が乗っている点だが、その糖度の秘密がサラブ...
鎌ケ谷市中沢地区最後の田んぼが消滅、真間川水系の氾濫対策で調... 6/30(火)鎌ヶ谷中沢に新しい梨の直売所 鎌ケ谷市内で子どもに稲作を教える最後の田んぼ          鎌ケ谷市内で20年ほど前から鎌ケ谷市内の子どもたちをメーンに近隣市の子ども達も一緒に稲作体験を実践してきた大野道子さんの田んぼ一帯が...
船橋のなし、開花ピークを迎え受粉作業も完了 例年にない花の小... 4/23(木)船橋のなし、開花ピークを迎え受粉作業も完了 今年の出荷に向けて着果の準備が進む        船橋の名産物として今や知らぬ者がいない程の知名度になった「梨」の開花がピークを迎え、市内の梨農家では晴れ間をみて受粉作業に追われる日々を過ご...
船橋の梨園「船芳園」で不要な梨枝の再利用-陶芸窯の薪(まき)... 2/15(土)船橋の梨枝、再利用で陶芸窯の薪に 不要な枝を世田谷の陶芸家が引き取りに            二和三咲地区の梨農家・船芳園(船橋市二和東2-6-1)で梨の生育に欠かせない剪定作業をしたことで生じた「処分しなければなら...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ