2012年08月29日 配信

8/29(水)第17回船橋市中央卸売市場盆踊り大会
年に一度の市場大感謝祭

P1340121.JPGitiba  
   

 船橋市中央卸売市場(船橋市市場1-8-1)で、今年で17回目の同市場内の青年協議会が主催する盆踊りが26日行なわれ、市場の特徴を活かした農産物の模擬店などでにぎわいをみせた。

 人気企画の福引では配布時間前から長蛇の列ができ、配布開始から30分もたたずに3000枚の福引券が終了した。同じく人気企画の模擬競りでは、子どもを肩車するなどして、家族総動員で競り落とそうという姿も見られた。

 この盆踊りは、元々市場で働いていた業者が「普段トラックなど地元に迷惑をかけているので、何か恩返しがしたい」と、小さな盆踊り会を始めた事がきっかけとなっている。

 今でもその頃の精神は受け継がれており、「地元の方々に恩返しする為に、出来るだけ良いものを安くて安全に提供している」と青年協議会の田中さん(41)。「品質は自信があるが、それでも万が一にも食中毒が出てしまわないように、生ものは禁止している。また、接触事故が起きないように、盆踊り開催中は基本的に運搬車両の使用は行わない」とも。

 「毎年楽しみにして下さる市民の方がいてありがたい。とても感謝しています」と、田中さんは喜ぶ人々を見てみて嬉しそうに語った。

   
itibaP1340151.JPG itibaP1340148.JPG
itibaP1340129.JPG P1340048.JPGitiba
P1340052.JPGitiba P1340097.JPGitiba
P1340088.JPGitiba P1340072.JPGitiba
itibaP1340124.JPG itibaP1340127.JPG

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ