2012年08月08日 配信

8/8(水)船橋中央卸売市場に生花店「生生堂」
市場価格で新鮮な生花に早くも固定客

120808MyFunaG0010.JPG  
   

 船橋市中央卸売市場(船橋市市場1-8-1)構内にある、生花店「生生堂(同市場内 TEL080-1251-5225)」が7月2日のオープンから1カ月を迎え、「市場価格で生花が購入できる」と、固定客が増えている。

 同店はは創業20年、千葉市中央卸売市場(千葉市美浜区高浜2-2-1)にも店舗を構えているが、この度2店舗目として船橋市中央卸売市場に進出した。
 安くて新鮮な生花を取り扱う店として利用客からの評判も上々だという。

 花の種類は季節によって違うが、小売価格より3~4割安いという。盆花(250円~)、日日草(50円)、コキア(120円)、カミーラ(350円)、モンステラ(650円)、胡蝶蘭(2500円~)(いずれも一鉢の価格)など、旬を迎える生花がそろいお、全て卸価格での提供となっている。

 「安くて新鮮だから花のもちがいいんです」と、カサブランカを購入した女性。「オープン以来贔屓にしている」とも。

 店主の須田さんは、「毎日仕入れているので、新鮮な生花の目利きには自信があります。秋口からは花の種類も増えるので、多くの人に来てもらいたいですね」と語った。

 営業時間は午前5時~正午。日曜、祝日、第2・4水曜定休

(吉野)

120808MyFunaG0002.JPG 120808MyFunaG0004.JPG
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ