2012年07月24日 配信

7/24(火)船橋北口の裏通りにソフトクリーム専門店

こだわりの低温殺菌の濃厚牛乳を使用した

ソフトクリームで勝負をかける

maruhukunoujyou 027.jpg  
↑竹村さんと年内には竹村姓になる予定だという遠藤さん  

 船橋駅北口天沼公園近くの裏通りに21日、秋田産の低温殺菌の濃厚牛乳を使用したソフトクリーム専門店「まるふく農場」(船橋市本町7-14-8 TEL047-426-0770)がオープンした。

 同店を創業したのは、南米ボリビアのチームに所属していたサッカー選手の竹村明人さん(29)。竹村さんは大学卒業後ブラジルに自費でサッカー留学を果たし、塾講師などの職を経て念願のサッカー選手として昨年、宮城県リーグのアマチュアチーム「コバルトーレ女川」のセレクションに合格。選手として活躍しようとしていた矢先に3月11日の東日本大震災で被災した。

 その後、7月には活躍の場を求めて友人のつてで海を渡り、南米ボリビアのチームとプロ契約をした。4ヶ月ほど選手として過ごしたが、チームの不安定な経営状況に危機を感じ帰国した。

 夢に一つの区切りをつけた竹村さんは「自分で店でも出して、しっかりと働こう」と、秋田県の栗駒牧場と契約し、濃厚な風味を持つ低殺菌牛乳から作っているソフトクリームミックスを仕入れ「まるふく農場」を開店した。

 竹村さんの創業にあたって勤めていた会社を退職、陰に陽に経営をサポートする遠藤和美さん(30)は「低温殺菌の牛乳は風味が強くアイスクリームには最適」と笑顔を見せる。

 同店は目下のところソフトクリーム専門店だが、「将来的にはランチも提供できるスイーツバーを目指している」と、竹村さんは今後の目標を語ってくれた。開店には間に合わなかったものの、店内にはミルクに合うと竹村さんと遠藤さんの二人が相談して決めた「チャイ」など5種が用意され、その出番を待っている。

 店内は約10坪。店内は、ソフトクリームを食べる以外にも、持ち込みOKなパーティスペースとしての貸し出しも考えているという。

 同店のメニューは、「牛乳屋さんのソフトクリーム(300円)」(ワッフルコーンの場合は350円)と「トッピング(100円)」のみのシンプルな構成。ちなみに、店の経営が軌道に乗ったら、年内を目処に遠藤さんは竹村和美さんになる予定だという。

  現在開店記念として、7月いっぱいを目処にトッピング100円が無料になるサービスを提供している。今後も、月替わりでのサービスを展開してゆく予定だという。

 営業時間は、11時30分~20時。定休日は今のところ未定だという。

maruhukunoujyou 008.jpg maruhukunoujyou 019.jpg
↑ミルクの味が濃厚なソフトクリーム ↑常時10種以上のトッピングが用意されている
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ