2012年07月23日 配信

7/23(月)住民の手作りのお祭り 行田夏まつり開催
4つの自治体をメインとした盛大な祭りを開催

120723IMGP3541.jpg   
   

 ジョギングや散歩で市民の憩いの場としても知られる行田公園(千葉県船橋市行田3-5 TEL047-434-7611)の西側で21日、行田夏まつりが開催された。

 同祭りは地域住民のコミュニケーションを目的としており、毎年約3000人の参加者でにぎわいをみせる。主となっている4自治会(NTT社宅自治会、JR行田自治会、コスモ・ザ・パークス船橋自治会、行田2丁目3街区自治会)に加え、7つの市民団体(公務員住宅子供会、行田保育園父母の会、塚田おやじの会、行田子ども文庫、行田ジャングルクラブ、となりのおじさんPart2、ボーイスカウト船橋3団ローバー隊)の協力によって開催された。

 この日は小雨の降る中のスタートとなったが、焼きそば・カレーライスなどの模擬店も出店し、定番の金魚すくいやヨーヨーつりには子ども達が列を作り、行田西小吹奏楽部と行田中管弦学部によるミニコンサートやJAZZ演奏には、各回とも人だかりができるほどの盛況ぶりをみせた。

 200円でお菓子と三角クジが引けるという、毎年恒例の「子どもお楽しみ券」は用意された900枚のうち800枚は前売り時点で既に売り切れ、残りの100枚は当日販売されたがすぐに売り切れた。「毎年このお祭りに来ています。お母さんに頼んで前売り券を買いました。何が当たるか楽しみ」と、小学3年生の男の子。

 「毎年地域の方達の協力で、素晴らしいお祭りを開催できています。来年もまた頑張りたいです」と、同祭りに毎年参加している「行田ジャングルクラブ」の樋口さんは笑顔を見せた。

120723IMGP3530.jpg 120723IMGP3535.jpg
120723IMGP3539.jpg 120723IMGP3543.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ