2012年04月24日 配信

4/24(火)船橋の鉄板・地中海料理店が1周年-飲食代金の50%を金券で還元

グランドメニューの一新に合わせてキャンペーン

untitled-2seasons.jpg  
   

 船橋駅の南口から程近い鉄板料理と地中海料理の店「seasons(シーズンズ)」(船橋市本町4-1-15)がオープンから1年を迎え、メニューの作新を図るとともにキャンペーンを行っている。

 店内は「地中海の家」をイメージ。旬の食材を厳選して提供する事を意識している同店は、特に魚介類に力を入れたメニュー構成で、2010年12月14日のオープン以来、来店客の6割は女性だという。

 スペイン料理をベースに、南アフリカ・チュニジアや南イタリアなどの「アラビックスパイス(香辛料)」を使用した料理が特徴的で、旨味のある海老を殻ごと食べさせる「有頭海老のボイル(5P・450円)」やボリュームのある手作りハンバーグをガーリックライスに卵を添えて食べさせるロコモコ風の「シーズンズハンバーグ(780円)」など豪快な料理に40代以降の男性客のファンも多いという。

 店舗は32坪、店内38席、船橋の夜景を見下ろすテラス席が12席。平均の客単価は、4,000~4,500円。

 同店では、1周年をむかえて、グランドメニューの一新を機に「50%チケットバックキャンペーン」を企画、期間中に同店で飲食した金額の50%に相当するチケットを配布する。チケットは、5月6日以降6月末までの来店時に使用できるというものだ。チケットを使えるのは、同店を含め同ビル内で営業をする系列店の「雪月花」(同ビル3階)「雅鳥」(同ビル7階)3店。

untitled-seasons.jpg  
   

 新しいグランドメニューは、「なるべく地産地消に努めたものにする」と同店店長の大津正樹さん。有機農法に特化した市内の農家から野菜を仕入れ、季節の旬な野菜を使用した「野菜のムース」(300円)などをグランドメニューに加える。「野菜本来の優しい味わいを楽しめる料理で寛いで欲しい」とも。

 「常連のお客様が付いて下さるようになったけど、認知度がまだまだ足りない。船橋を降りたら『シーズンズがあったよね』と言われるような船橋を代表するお店にしたい」と、大津さんは意気込みを語った。

 営業時間は、17時~25時(平日)、16時~25時(土祝)。定休日は日曜日。

untitled-3seasons.jpg  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ