2012年04月04日 配信

4/3(火)水神祭

江戸時代から伝わる伝統行事-冬と春の変わり目


suijinsai 054.jpg 

 
   

 海上の安全や豊漁を祈願する船橋市漁業協同組合(大野一敏理事長)主催による水信仰の神事で市の文化財指定を受けている「水神祭」が、例年同様4月3日に船橋漁港(船橋市湊町3-16-1)で行われた。

 同祭は、江戸時代から船橋の漁師に受け継がれてきた伝統行事で、「西暦1600年頃から続いているのではないか」と語る同漁協関係者も。

 たくさんの大漁旗が強風にはためく中、船橋漁港の岸壁に係留した漁船上で神事や神楽が執り行なわれた。神事を進行したのは船橋大神宮の神官、漁業関係者は玉串の奉納などを行い、今季の漁の安全を祈願した。同漁協の組合員数は約180人。

 神事に続いて、みこ舞、猿田舞、蛭子舞、山神舞という4座の神楽が奉納される。海苔中心の「冬の漁」からスズキやアサリなどが中心となる「春の漁」に移行する節目に漁の安全と豊漁を祈って「水神祭」は行われる。

 神楽の奉納が終わると、神事にあつまった市民らに紅白の餅がまかれると、漁業関係者は沖合いまで船を出し五穀を海にまくことで同祭は終了する。

suijinsai 002.jpg suijinsai 013.jpg
suijinsai 024.jpg suijinsai 039.jpg
suijinsai 054.jpg suijinsai 131.jpg
suijinsai 154.jpg suijinsai 162.jpg
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ