2012年03月30日 配信

3/30(金)千葉ジェッツ ホームで久々の白星

bjリーグ・千葉ジェッツが岩手ビックブルズとの

ホーム2連戦初戦を白星でかざった

IMG_9726VSiwate.jpg  
   

 船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)をホームタウンとし、昨年10月からプロバスケットボールbjリーグに参入した千葉ジェッツが、30日・31日で行われる船橋アリーナでのホーム2連戦の初戦を白星でかざった。

 ここのところホームでの勝利が遠ざかっている千葉ジェッツは、念願のホーム戦勝利に向けた1Q、石田選手の先制点から始まり一色選手や田中選手といった日本人選手の活躍が光り28-24と順調なすべり出しをせみた。

 1Qに5本放った3ポイントシュートは、6割という高確率で岩手ゴールを脅かしゲーム展開を千葉ジェッツ有利に働かせた。2Qに入るとリバウンドも好調、ますますシュートに思い切りがでて2Q終わりには52-44とリードを広げた。

 3Q序盤戦は互いにシュートの精度も高く乱打戦の様相を呈したが、終盤戦に入ると両チームノーゴール状態が続く場面もみられたが、残り時間が3分を切るとスコアが動き出した。一色選手の3ポイントシュートや一色選手と石田選手のコンビプレーで連続得点をあげた。

 4Qには、両チームともに一進一退の攻防を続け、試合は最終局面に。岩手リードのまま試合時間が2分を切ったが、カウンターからモーリス・ハーグロー選手が決め再び千葉がリード。このリードを守りきって勝利を収めた。

 この日の試合を振り返って、エリック・ガードーコーチは「bjリーグのバスケットボールらしいエンターテインメント性の高い試合が出来た。ディフェンスが機能した事で得点の入らなかった時間帯に引き離されずにすんだ。日本人選手がDFでもOFでもいい働きをしてくれた」とコメント。

 次の試合は、31日船橋アリーナで14:00から行われる。

IMG_9745VSiwate.jpg IMG_9840VSiwate.jpg
IMG_9907VSiwate.jpg IMG_9947VSiwate.jpg
IMG_0155VSiwate.jpg

IMG_0170VSiwate.jpg

IMG_0279VSiwate.jpg  
   
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ