2012年03月27日 配信

3/26(月)防犯カメラ設置式-船橋駅周辺地区環境整備協議会

本町地区に防犯カメラ県・市の補助で15機設置

ひったくり犯罪の抑止力に

IMG_9632settikouji.jpg  
   

 船橋駅南口に広がる繁華街を抱える本町地区に26日、防犯カメラ15機が設置され市民の見守る中、設置式が本町4丁目公園(船橋市本町4-18)を会場に開催された。

 設置式に参加したのは、藤代市長ほか市関係者と船橋警察署の新田修署長ほか生活安全課、地域課、刑事課など関係部署の職員と、船橋駅周辺地区環境整備協議会の役員など。

 同地区の防犯カメラの設置にかかる資金は、千葉県と船橋市から助成を受けている。船橋市は、昨年のひったくり被害が187件で千葉県内ワースト1という不名誉な記録が残っている。その為、今年度は取締りを強化し、昨年は3月だけで20件の被害が報告されているが、今年は3月26日時点では9件(船橋署管内)と大幅に減少している。

 「荷物のたすきがけや自転車の防犯カバーなど市民の皆様の協力のお陰です」(船橋警察署関係者)。同署によると西船橋駅や船橋駅周辺でのひったくり被害が多く報告されているという。

 今回の防犯カメラは、大通りから一本入ったわき道などを中心に人通りの比較的少なく被害も発生しやすい場所に設置されている。防犯カメラ設置を受けて「いつ犯罪が起こるかわからない世の中、多くの地域住民が安堵しているだろう」と藤代市長は語った。

 また、本町通り商店街の中村正直理事長は「犯罪の抑止につながるのでは」と防犯カメラ設置の効果に期待を寄せている。

IMG_9600settikouji.jpg
↑公園で設置式を行う市関係者ら  
IMG_9617settikouji.jpg IMG_9606settikouji.jpg
↑鮮明な映像に見入る藤代市長と新田署長 ↑設置と稼働開始を祝してテープカットを行う
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ