2012年03月27日 配信

3/24 (土)船橋アンデルセン公園で「樹木ウオッチング」開催

樹木医が密着で人気の園内散策

 Myfunaoo3.JPG  Myfuna005.JPG
↑熱心に聞き入る参加者たち ↑満開の三俣

 ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町525)で、園内を散策しながら樹木の知識を得ることを目的とし、毎年3461011月に行われている「樹木ウオッチング」が24日開催された。

 

「樹木ウオッチング」は、同園所属の樹木医・藤田さんの案内により、3月は園内に800本ある桜の開花も重なり、先着25人の申し込みはすぐにいっぱいになるという。

 

この日のコースは、ワンパク王国ゾーンのイベントドーム前のメタセコイアから始まり、ポニー広場前のハクモクレンまで、16種を30分かけて回った。

 

「長い間この仕事をしていますが、この時期にコブシが咲かなかったのは初めてです。今年は寒い日が続いているため、桜は4月上旬から中旬にかけて見ごろなのでは」と藤田さん。毎回参加しているという参加者も「桜が咲いていないのは初めて」と語った。花が咲いているのはわずかな種類だけだったが、樹木の見分け方などの貴重な話が披露された。

 

 中でも、梅、桃、桜の樹皮には特徴があり、桜には縞模様、梅には模様がなく、桃は半分くらいが縞模様だという。参加者は熱心に耳を傾けた。

また、本来この時期には散っているはずのメルヘンの丘ゾーンのラインベルトアーリースイセンや、100種のパンジー・ビオラなどの開花も遅れていて、藤田さんは「今年はこれらの花も満開の桜と一緒に楽しめる貴重な年になるかもしれない」と、期待を寄せている。

次回のイベントは428日「花と樹木のウオッチング」。順調にいけばボタンやペチュニアなども鑑賞できる予定。

(吉野)

 MyFuna001.JPG  Myfuna004.JPG
↑開催の挨拶をする藤田さん ↑一番早く咲く河津桜もまだ蕾
 Myfuna007.JPG  Myfunaoo2.JPG

↑観察にも熱が入る

↑メタセコイアにもわずかな芽が出ている
   
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ