2012年03月13日 配信

3/13(火)三番瀬海浜公園の「潮干狩り」-アサリも砂も検査済み

震災以来閉園のふなばし三番瀬海浜公園

4月20日から潮干狩りをスタート!!

funabashisanbansekaihinkouen.jpg  
   

 昨年、東日本大震災の影響を受け閉園していた「ふなばし三番瀬海浜公園」(船橋市潮見町40)の復旧が進み、4月20日から潮干狩りをスタートさせることがわかった。

 潮干狩りの開催期間は6月9日まで。潮干狩りの再開に際し、消費者の安全を考え同公園では4つの措置を講じ来場者の安全に努める。

 (1)アサリの検査を行い安全が証明されたもののみを使用する。

 (2)潮干狩り場の海水や砂についての検査を行い安全確認をする。

 (3)潮干狩り場や、公園内の空間放射線量調査を実施し、

   安全を確認し潮干狩り開催期間中にも随時測定する。

 (4)災害時の避難場所確保、避難誘導体制の整備を図る等の措置をとる。

 同公園は都心から至近な立地の「潮干狩り場」として、交通の便なども優れており、週末には市内はもとより首都圏近郊からも多くの来場者が訪れる。これまでの年間来場者数は約14万人。昨年は、震災の影響で公園とともに潮干狩りもストップさせていた。

 問合せは、ふなばし三番瀬海浜公園TEL047-435-0828。営業時間は9時から17時。入場料は、大人420円、子ども210円。アサリの持ち帰りは、100グラムにつき60円。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ