2012年03月07日 配信

3/7(水)三山中学校で被災地支援のビデオレター作成

3年生を送る会のメーンに

IMG_8573bideoreta-.jpg  
   

 三山中学校で6日、陸前高田市立気仙中学校から要望のあったサッカーボールやバレーボールといった支援物資とともに同梱して送る「ビデオレター」の収録が行われた。

 同校では震災直後に「被災地の中学生に対し何か出来る事は無いだろうか」と昨年6月に生徒達の応援の気持ちを込めた51通の手紙を被災地の中学校へ送ったところ岩手県大船渡市日頃市中学校から生徒一人一人のお礼の言葉と被災状況の写真が届いたという。

 「もっと支援出来る事は」と問いかけると「もっと大変な思いをしている学校がある」と気仙中学校の紹介を受けたという。気仙中学校から要望のあったバレーボールやサッカーボール、バスケットボールやユニホックスティックをかねてから集めていたベル・マークで購入し、支援物資として送ることを決めた。

 「ただ送るだけではなく支援の気持ちも送ろう」と生徒会を中心に一人一人のメッセージを書いた横断幕と全校生徒で「頑張ろう。東北。」と呼びかけたビデオレターを送ることに決め、この日3年生を送る会のメーンとしてビデオレターの収録を行った。

 同校生徒会長の加藤月乃さん(14)は、「復興に向けて少しでも励みになってくれれば」とビデオレターに込めた思いを語った。

IMG_8576bideoreta-.jpg IMG_8597bideoreta-.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ