2012年03月06日 配信

3/6(火)IBA選抜メンバー台湾遠征で市長表敬

船橋の少年が「日本代表」として台湾遠征

IMG_8557IBA.jpg  
   

 海外の少年野球組織との交流を行い、少年野球の普及親睦を図ることで、スポーツによる国際親善、ならびに少年の体力の向上及び人格陶冶に寄与する事を目的としているIBAでは今年も恒例の国際大会に出場することを5日、市長に報告した。

 メンバーは、現地の少年軟式野球チームの各地区代表と外国チームチームで行われる大会に参加する。

 IBAでは野球大会に参加するだけでなく現地の家庭にホームステイする事で肌で国際交流を図ることにも努めており、1986年から通算で20回目の訪問となる。これまでに選手約600人、保護者100人以上が台湾に訪問し交流を図ってきた。

 

IBAには市内の野球連盟加盟9チームが所属。今回の選抜メンバーは、高根東小学校、中野木小学校、七林小学校、薬円台小学校、前原小学校、金杉小学校、宮本小学校、夏見台小学校などから集まっている。

 

この日の市長表敬では、選手一人ひとりが台湾遠征にかける抱負を語ったが藤代市長はこれを笑顔で聞いた。台湾への出発は、22日。帰国は27日となっており、台湾では5~6試合が予定されておりハードなスケジュールが予定されている。

 

表敬を受けて、藤代市長は「体調管理が大切。大リーガー・ダルビッシュ選手の人気もあって日本の野球は注目されている」と笑顔で語った。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ