2012年03月01日 配信

3/1(木)メンズインポートのセレクトショップ「afterglow」開店

あえて路地裏を選んで出店

「わざわざ来てくれるお店に」

IMGP2423afterglow.jpg IMGP2424afterglow.jpg
   

 船橋駅北口の天沼公園近くの路地裏にメンズインポートのセレクトショップ「afterglow」(船橋市本町7-15-19)が25日、開店した。

 同店を開店させたのは、都内のアパレルメーカー出身の伊藤雅人さん(30)。伊藤さんは、会社員時代に勤務先のメーカーが経営する原宿の店で店長を務めていた経験もありかねてから「自分の店を持ちたい」と考え、機会をうかがっていた。

 大学は建築学科を卒業。そのまま内装関係の会社に就職したが「アパレルの仕事がしたい」と、1年で退職。巣鴨に本社を構えるアパレルメーカーで営業などの仕事をこなし原宿店のオープンに携わり、店長に就任した。

 「自分で店をやってみたい。人生は一回きりいつかはチャレンジしなければ」と、アパレルメーカーを退職。成田空港内での接客業に就き開業資金を貯めた。

 年明けから学生時代の仲間と店舗の内装に取り組み、1ヵ月半ほどかけ、床や壁を貼り什器を製作、木の温もりが感じられるやさしい雰囲気の店内に改装した。

 商品は、アメリカやヨーロッパのインポート物を中心に、大手がまだ注目していないファクトリーブランドに焦点をあて取り揃える。価格帯は、購入しやすい安価なTシャツから一着数万円のジャケットまで幅広い。今後について尋ねると、「展示会などに出て徐々にアイテム数を増やしてゆき軌道に乗せたい」という。

 船橋を創業の地に選んだのは、「祖母が船橋の人。大神宮さまの近くで『天久』という天ぷら屋を営んでいたので、思い出深い土地です」と語る。「乗換えなどで下車しても、ぶらっと服をみるようなお店がなかった。お洒落に気遣う男性はきっといるはず、そういった方に足を運んでいただけるお店を創りたいと思いました」。

 裏通りに店を構えたのも「誰でも入れるお店というよりは、お客様のクローゼットがわかる位のお付き合いをしたい」という意思の表れ。徐々に売上を伸ばしてゆき、もう少し駅に近い裏通りに店を構えるのが夢だという。

 営業時間は、月・火・木・金が15時~22時、土・日は13時~20時。定休日は水曜日。電話は、047-411-4744。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ