2011年12月11日 配信

11/11(日)Fリーグ「船橋セントラル」開催/船橋アリーナ

船橋アリーナでFリーグ全10チームが熱闘

IMGP9554fri-gu.jpg  
   

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)が主催する「Fリーグ2011 第19節 船橋セントラル開催」が12月10日(土)11(日)の二日間、船橋アリーナを会場として行われた。

 Fリーグは、日本フットサル連盟により創設されたフットサルの全国リーグで、全国各地に10チームがホームタウンを持ち総当りのリーグ戦を行っている。今回アリーナで行われるのは、全27節あるリーグ戦の内、3節だけある「セントラル方式」の開催。1箇所の会場にリーグの全チームが集まり試合を行う。

 10日(土)に3試合、バサジィ大分-湘南ベルマーレ(1-2)、エスポラーダ北海道-デウソン神戸(1-4)、ペスカドーラ町田-シュライカー大阪(4-6)が行われた。11日(日)には地元千葉県のバルドラール浦安が府中アスレティックFCと対戦したものの1-2と敗北した。この日は、名古屋オーシャンズ-ステラミーゴいわて花巻戦も行われたが3-1で名古屋オーシャンズが勝利を収めた。

 

 現在リーグ順位は、1位に名古屋で勝ち点46、次いで大阪(40)、大分(33)となっている。浦安は、現在6位で勝ち点は27。

IMGP9658fri-gu.jpg IMGP9690fri-gu.jpg
↑全10チームが熱戦を繰り広げた

↑※写真は

ペスカドーラ町田-シュライカー大阪戦の模様

   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ