2011年05月04日 配信

5/4(水)こいのぼりの展示/ふなばしアンデルセン公園

100匹のこいのぼりが晴天のGW大空を泳ぐ

P1270656koinobori.jpg  
   

 5月5日までこいのぼり展示中のアンデルセン公園では、天候に恵まれた54日(祝)駐車場待ちの渋滞が目立ち、園内は家族連れなど多くの来場者で賑わいをみせていた。

 この日は11時・13時・15時から各種イベントなどで活躍しているマジシャンのKoji!によるマジックパフォーマンス・ショーを開催。コーラやトランプを使用した観客参加型マジックが多くの笑いを呼んだ。

 また、1330分と15時からの二回、美術館ゾーンでMあんどBによる人形劇が披露され、子ども達の楽しげな笑い声響いた。

P1270610koinobori.jpg P1270634koinobori.jpg

P1270705koji.jpg

P1270730koinobori.jpg

P1270690koinobori.jpg P1270698koinobori.jpg

 さらにGWスペシャルイベント、ヤッサン一座の園内どこでも紙芝居も人気を集めた。海外でも人気のヤッサン(安野侑志氏)は、数少ないプロの紙芝居師。そのヤッサン一座のかこ丸、わら王による紙芝居は多くの子ども達を集めた。紙芝居後、震災みずあめチャリティーでは1200円でみずあめを購入。購入すると昔懐かしい『かたぬき』に挑戦でき、成功するとカードやシールが貰えるとあって子ども達は真剣な表情をみせていた。

 

 園内で見頃を迎えているのは、ボタンとハンカチノキ。ワンパク王国ゾーンにあるボタン園は、船橋市の友好都市である中国西安市から贈られた希少な中国種と日本の園芸品種、30品種約100株のボタンが植えられている。今年は昨年より開花が遅れ、今が見頃とのこと。

P1270720koinobori.jpg P1270722koinobori.jpg
P1270739hankatinoki.jpg  

 また、メルヘンの丘ゾーンにある6本のハンカチノキは、4月27日(水)現在で4本の開花が確認されているという。ある程度の樹齢になるまで開花する事のないハンカチノキは、国内に導入されて歴史も浅い事から日本での開花例はまだ珍しいという。園内の同木の樹齢はおよそ1520年。今年は去年に比べ花の数が多く、5月中旬までは楽しめそうだ。

 アンデルセン公園では、今後もショーやライブなど毎週末イベントが開催される予定。詳細は、アンデルセン公園HP又は、まいふなネット内アンデルセン公園ページで常時更新されている。

ふなばしアンデルセン公園HP http://www.park-funabashi.or.jp/and/

ふなばしアンデルセン公園ページhttp://myfuna.net/shop/73933142/

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ