2011年03月23日 配信

3/23(水)船橋競馬騎手会が被災地へエール/船橋競馬場騎手会

被災地へ届け!

船橋競馬場騎手会が義援金募金

IMGP1035sensyukai.jpg IMGP1050sensyukai.jpg
   

 11日に発生した東日本大震災の影響で現在も開催が中止状態にある船橋競馬場騎手会のメンバー21名は、3/23(水)3/24(木)の二日間にわたって京成船橋駅改札前及び階段下にて東日本大震災被災地の復興を願った義援金募金活動を行った。

 最少年齢18歳から最高46歳までの21名が参加した。震災が起こった直後の13日頃にはTV画面で見る被災地の状況にいても立ってもいられなくなった騎手会メンバー側から船橋競馬場運営側へ掛け合い、京成電鉄、馬主などの許可を取り付けるまでに約1週間かかり、この日募金活動が実現したという。

 現在、レースの開催が中止されている船橋競馬場だが、「被災地の方々が少しでも早く復興できるように自分たちのできる事をみんなで話し合い結論を出しました」と選手会の佐藤裕太会長。23(水)と24(木)の二日間13:00~15:00の期間で募金活動を行い二日間合計100万9977円を集めた。この日集められた募金は中央共同募金へ寄付されるという。募金に際し佐藤会長は「勝負服のほうが目立って少しでも多くの方が募金してくれるのでは」と寒い中勝負服で募金に臨んだという。

IMGP1055sensyukai.jpg IMGP1072sensyukai.jpg

この日、京成船橋駅の階段下は真冬並みの

寒空にビル風のダブルパンチだった。

 
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ