2009年12月11日 配信

12/11(金) 劇・トレモスのパン屋(NPOまちアート・夢虫)

        /きららホール

みんなもどってきたのに

なぜ、あの3人はもどってこない?

IMGP1815-1.jpg 住んでいる街ふなばしを好きになってもらいたいと演劇・音楽・舞踊・芸術などの芸術・文化で街に貢献し明るい街づくりをめざすNPO法人まちアート・夢虫が、初となる本格舞台劇『トレモスのパン屋』の興行を行った。

―以下舞台内容のさわり―

 舞台は世界のどこかにある町トレモス。幸せで賑やかな町の様子から始まる。子供達が走り回り、老若男女が町を行き交う。活気あるこの町には、いつでもとってもおいしそうなパンの香が漂っている。町一番のパン職人ポルトの店からこぼれてくる最高のパンの香りだ。

 

IMGP1818-2.jpg ――徐々にトレモスの町がつくりだす不思議な世界に、観客が引き込まれてゆく。――

IMGP1820-3.jpg ポルトのパンは街中誰もが認める最高のパン。何しろトレモスの町で一番を決めるコンテストにポルトは3年連続で優勝しているというのだから筋金入りだ。 

 ところが、ポルトの店の前にパン屋がOPENすることになった。

 しかも、オープン初日は『全商品半額』・・・従業員は心配気だがポルトは動じない。「おいしいパンを作っていれば大丈夫!」

 

 いよいよ前の店がOPENの日、ポルトの店にお客さんは・・・ 

 

IMGP1831-4.jpg 初日の半額セールにつられたお客さんはOPENの日こそポルトのパンを購入しなかったが、翌日には「やっぱりポルト親方のパンが最高だ!」と戻ってきてくれた。しかし…

 

ポルトの作る食パンが大好きなだった三人のお得意さんはポルトの店には戻ってくることはなかった。

IMGP1836-5.jpg そういえば、あの3人は私の作る食パンが大好きだった。もっと美味い食パンを見つけてしまったのだろうか?心配するポルト。

IMGP1842-85.jpg それだけ前の店の食パンがうまいんだろうか?一番弟子のカルルに頼んで隣のパンを購入・試食してみるとこに・・・

 一口食べたポルトの目から涙が「ポロリ」完全に敗北だった・・・

どうしても美味しさの秘密を知りたくなったポルト。

 カルルに命じて隣の店をスパイしてもらうことにした。

 

 このあとカルルは行方がわからなくなってしまう・・・

 

IMGP1852-6.jpg そして迎えた今年のコンクール。その結果は・・・?ポルト親方のパンの味は?前の店の食パンの味は?カルルの行方は?

続きはきららホールで行われる最終日の公演をご覧ください。

 

 

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ