2009年12月09日 配信

12月9日(水)

健康講演会/テーマ「骨粗しょう症」

「骨粗しょう症」とは何か?

原因や改善を分かりやすく講演

rou1.JPG船橋市南老人福祉センターにて“骨粗しょう症”をテーマに健康講演会が開催された。

講師の十三枚整形外科医院の中西昌之院長により骨粗しょう症とは何か?また原因や改善について約1時間にわたり講演された。

rou2.JPG骨粗しょう症とは、骨の量が減って骨がもろくなってしまう病気。昔はお年寄りの病気とされていたが、今では若年層にも多く見られることがあるそうだ。

rou3.JPG骨粗しょう症になる原因として「カルシウム不足」「女性ホルモンの不足」「運動不足」「ビタミンD」の不足などがあげられる。

また、飲酒、喫煙、ダイエット、インスタント食品の摂取が多いのも禁物。

rou4.JPG特に骨の成長が著しい育ち盛りの時期には、充分なカルシウムと運動が必要とのこと。カルシウムを上手に摂るには、野菜、小魚、海草、大豆製品、特に納豆が効果的という。

rou5.JPG次回は、22年1月21日(木)午後1時30分から「100歳まで生きるための口腔ケア」をテーマに歯科健康講演会が行われる。

 興味のある方は、船橋市南老人福祉センターまで。TEL047-495-8011

(写真/右・中西昌之院長  左・南老人福祉センター石井東志夫所長)

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ