2009年11月29日 配信
R0019865.JPGR0019787.JPGR0019791.JPGR0019805.JPGR0019853.JPGR0019857.JPGR0019860.jpgR0019879.JPGR0019885.JPGR0019906.JPGR0019822.JPG

船橋市藤原にあるものづくり空間イイシルで1周年の記念展示会が開かれた。
1周年展では、これまで1年間開催されたワークショップの作品が写真と共に展示されていた。
イイシルでは建具と鍵の技術展ブリザードフラワー展靴の出来るまで展などその道のプロの職人さんと
共に子どもたちへものづくりの面白さ楽しさを伝えてきた。
1年間を振り返って空間長の堀川成良さんは、
「子どもと大人が一緒になって真剣にものづくりをする姿、完成したものに喜ぶ笑顔がこのイイシルの中で生まれたことがうれしかった。また、毎回ものづくりを楽しみに来てくれる常連の子どもたちが出来たこともよかったと思う。今後はゆっくりとこの輪を広げて行きたい、将来ここでものづくりをした少年少女たちが展示会を開いてくれたらうれしいなー」と話してくれた。
そんな、とても人と人とのつながりを大切にしているものづくり空間イイシルでは、
同時にクリスマスシーズンにぴったりのワークショップ「シュレッダーリースをつくろう!」も行われた。
思い思いの形に整形したハンガーに両面テープを巻き、山盛りのシュレッダーくずにごそごそ、パッパ。
それだけでとっても素敵なクリスマス用リースの出来上がり。あとは各自がリボンやまつぼっくりなど装飾品を付け、完成。
真剣な子どもたちの目は輝いていた。
次回は東京造形大学の学生さんが企画したワークショップが開催される予定。

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ