2009年05月24日 配信

5月24日(日)

yago2運動公園の市民プールが使用されていない時期に、プールの水を利用し育ったヤゴやおたまじゃくしなどの生物を夏の一般開放に向けたプール清掃前に救出しようと金杉谷津田の会とNPO法人とんぼエコオフィスの主催のもと近隣の家族連れが参加し“ヤゴ救出作戦”を行った。

yago3このイベントは今年で16年目を向かえ毎年楽しみにしている家族も多い。今年は、あいにく天候に恵まれなかったが、180人近くが参加。天気であれば、400人近くの参加者が訪れるとのこと。

  

yago4「プールだと水の中に入って捕ることができて楽しかった」と参加した子どもたち。

yago5プールに棲息している生物は、ナツアカネ・アキアカネ・ノシトンボ・シオカラトンボ・ギンヤンマのヤゴやおたまじゃくし、水カマキリ、ゲンゴロウ。

“プールでヤゴ救出作戦”は、一般参加による運動公園プールのほか、市内のいくつかの学校のプールでも環境体験学習として行われているとのこと。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ