2017年01月03日 配信

1/3(火) 陸上自衛隊「降下訓練始め」をインターネットでライブ配信

降下訓練の一般公開

narashino_kouka  

 陸上自衛隊習志野駐屯地(船橋市薬円台3-20-1、TEL 047-466-2141)の演習場で1月8日、「降下訓練始め」と題し、年明け初となる降下訓練が一般公開される。

 訓練場は第1空挺団が日々訓練を重ねている場所で、同場が一般開放されるのは、年3回、同催し「降下訓練始め」をはじめ、「駐屯地桜まつり」「駐屯地納涼夏祭り」の3回のみ。

 「降下訓練始め」は、1969(昭和44)年から開催しており、1年間の降下訓練の安全を祈り「開傘祈願祭」として部隊内で行われている。一般公開が始まったのは、1974(昭和49)年から。

 こうした公開行事は、地域住民に活動内容を理解してもらい、近隣住民との交流を目的に行われる。

 これまでは、降下訓練の見学だけでなく、装備品の展示も行われていたが、今年は展示を行わない。新たな試みとして、当日の訓練始めの様子をインターネット「ニコニコ生放送」でライブ配信をする予定。

 当日の訓練時間は11時~12時。演習場は8時30分~14時まで開放しているが、入場できるのは12時まで。敷地内には模擬売店も並ぶほか、習志野駐屯地のマスコットキャラクター「パックさんA子」も登場予定。

 駐車場は数に限りがあるため、公共機関での来場を呼びかけている。天候により、訓練の一部、または全てを中止する場合もある。その場合は、当日、習志野駐屯地のホームページで情報を配信する。

img_0352koukakunren-thumb-300x199  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ