2017年05月17日 配信

5/17(水)運動公園で少年少女交歓大会
50回目の節目、市制80周年と合わせて

img_7372koukantaikai     

 船橋市内で青少年活動を行う学童野球、ボーイスカウト、ガールスカウトなどの団体が一堂に会し、毎年1万人以上が来場するという船橋市少年少女交歓大会が5月14日、船橋市運動公園(船橋市夏見台6-4-1)で行われた。

 この日は準備の時間に小雨がぱらつき、5月にしては肌寒い気候。開会式の最中にも少し強い雨が降るなど天候が心配されたが、天気予報は晴れ。開催時間中には時折晴れ間も差し、イベント終了時刻にはすっきりとした空模様にかわった。

 毎年この時期に合わせて開催される同イベント。主催は主催は船橋市少年少女交歓大会実行委員会。同委員会を構成する団体は、船橋市教育委員会、船橋市青少年相談員連絡協議会、船橋・津別青少年交流協会、ガールスカウト千葉県連盟船鎌地区、船橋海洋少年団、船橋リトルリーグ野球協会、船橋交通少年団、船橋市子ども会育成連絡会、日本ボーイスカウト千葉県連盟船橋地区、船橋市野球協会少年学童部、船橋市が参加。

 今回の開催で50回目を迎える記念、同時に船橋市も市制80周年という節目の開催となった。その為、特別企画としてスタンプラリーも開催。先着2000人限定で50周年の記念ロゴが入ったオリジナルグッズのプレゼント企画もあった。

 出店ブースは、ホットドッグや焼きそばという定番の模擬店から、昔懐かしい駄菓子屋の味「ブタメン」、1回100円で高額なおもちゃの当たる「ボックスくじ」「コリントゲーム」、水を吸収して膨らむ「ぷにょぷにょ玉すくい」などの変わり種出店も見られ、はしご車体験などとともに大いににぎわいを見せた。

 また、自由運動広場ではミニSLや移動動物園、手作りのボルダリングなど市民団体や学校の協力によるブース、陸上競技場では特設ステージでの和太鼓や吹奏楽演奏、各種ニュースポーツの体験や「ふわふわ」の設置、「起震車体験」や「じしん・けむり体験」などの楽しみながら有事に備えるブースも。

 船橋市では、市政80周年に合わせて例年行われている各種のイベントにも一味加えた趣向を加え、市民に80周年の節目の年であることをPRしている。

img_7362koukanntaikai img_7368koukantaikai
img_7391koukantaikai img_7386koukantaikai
img_7366koukantaikai  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ