2018年01月08日 配信

1/8(月)船橋市民文化ホールで平成30年度成人式
年々増加する新成人のため今年から3部制に 

seijinshiki07  
   

 船橋市は今年度の新成人6,288人を対象に、「平成30年度船橋市成人式」を18日、船橋市民文化ホール(船橋市本町2-2-5)で開催した。 

 今年の新成人は昨年より105人多い6,288人(平成29111日時点)。成人式は「挑戦 自分の可能性を信じて」というテーマで、今回初となる3回に分けて開催。

 これまで会場に入れない参加者が多くいたことと、例年人数が増えていることから今年から3部制を導入することになったという。各部とも前半の「式典」と後半の「二十歳のアピール」で構成されている。 

 式典では、国歌斉唱や市長挨拶、来賓挨拶などのセレモニーが行われた。松戸徹市長は「人生の節目のこの日に、一度振り返って両親や家族、先生や地域の人への感謝の気持ちを持つことが大事」と話し、書道家のあいだみつおさんの「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」という言葉を新成人に向けて送った。 

 1部の二十歳のアピールは、船橋中出身の中田茉莉花さんによる日本舞踊から始まり、4人組のバンド演奏や歌、41人からなる「スマイルバンド」の吹奏楽演奏が披露され、市内出身の新成人によって多彩なステージが繰り広げられた。 

 最後には主催者、来賓、出演者がステージに上がり、毎年恒例の会場全員で行う「船橋成人手締め」で幕を閉じた。

  旭中、市立船橋高校出身で現在はとバスでガイドとして活躍している松本亜海(つぐみ)さんは「会社説明会でのガイドさんがかっこよくて、入社しました。お客様の反応がすぐに見れるので大変だけどやりがいがあります」と話し、「成人になったのでさらに責任感を持って仕事をしていきたい」と意欲を話した。松本さんは「スマイルバンド」でオーボエ担当として出演した。 

 旭中出身で現在信州大学に通う堀口晴加(はるか)さんは「久しぶりに帰省したら西武が閉店と聞いてびっくりしました。将来は好きなフランス語を活かせる仕事をしたい」と笑顔で将来に向けての抱負を話した。

 成人式は中学校区ごとに分けて招集されており、1部は、船橋中学校、湊中学校、宮本中学校、若松中学校、海神中学校、葛飾中学校の6校が対象。 

 2部は行田中学校、法田中学校、旭中学校、高根中学校、金杉台中学校、前原中学校、飯山満中学校、御滝中学校、芝山中学校、八木が谷中学校の10校が対象。 

 3部は二宮中学校、七林中学校、三田中学校、三山中学校、高根台中学校、習志野台中学校、坪井中学校、古和釜中学校、大穴中学校、豊富中学校、小室中学校の11校が対象となる。

seijinshiki08 seijinshiki05  
seijinshiki03 seijinshiki04  
seijinshiki06 seijinshiki09  
seijinshiki02 seijinshiki01  
     
     
     
     

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ