2017年10月25日 配信

10/25(水)船橋市栄養士会×東武百貨店のコラボ企画
「大人の給食」フェアを初開催

%e3%81%88%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%97  
 学校栄養士が仕上がりを確認  

 東武百貨店船橋店レストラン街「スパイス」(千葉県船橋市本町7-1-1)では10月26日~11月29日まで、船橋市学校栄養士会とのコラボレーション企画「大人の給食」メニューフェアが開催される。

 同企画は、船橋市市制施行80周年×東武百貨店船橋店開店40周年記念のコラボ企画で、船橋市の小中学の学校栄養士とレストランの料理人がタッグを組み「美味と健康を考えた大人の給食」がコンセプト。参加店は給食をイメージしたメニューを1品以上取り入れたオリジナルメニューを考案し、レストラン5店舗で提供する。

 栄養士がどの店舗を担当するかはあみだくじで決め、各店舗を学校栄養士が2人ずつ担当し、7月からレストラン担当者と打ち合わせや試食を重ねメニューの考案が行ってきた。

 同企画で考案されたメニューは全て学校給食同様に栄養計算が行われており、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩量がメニュー表にも表記されている。

 坪井中学校栄養士の岩島由美子さんは「子どもだけでなく大人にも提供するので、幅広い層を考えた味に仕上げた。出汁、ブイヨン、ごま油、酢や食材そのものが持つ味や香りを生かし、美味しくて健康なメニューを考案した」と話す。「栄養士が考案したメニューには船橋産の食材を使用している物も多い」とも。

 「船橋市では小中学校すべてに給食室があり、全国で珍しいこと。全校に栄養士が配置され、温かい給食を提供している。豊富な知識を持つ栄養士とプロの料理人がタッグを組む事により、お互いがよりステップアップできたのではないか」と教育委員会保健体育課の向笠真司さんは話す。

 また、東武百貨店船橋店では、同フェアの期間中、学校調理の基本や給食で学ぶことなど、船橋市学校栄養士会の日頃の取り組みを紹介するパネル展も実施し、1000部限定の給食レシピ集も配布している。

各店舗のメニューの内容は、下記の通り。

・「梅の花」/山茶花(さざんか)(3,800円)

定番メニューの湯葉グラタンに南瓜を加えた「南瓜の湯葉グラタン」、菊花あんかけときのこが秋らしい「厚揚げ豆腐の菊花あんかけ」等13品。
 

・「不二家レストラン」/からだいきいきバランスプレート(1,580円)

給食で大人気の「ABCスープ」、船橋で多くとれる小松菜と栄養豊富な豆乳を使ったソースを使用した「キャロットライス小松菜ソース」等5品で、5品全て学校給食で出ているメニューを大人も満足できる味と料にアレンジしている。

・南翔饅頭店/6品目の満足飲茶セット(1,690円)

坦々麺に豆乳を加えまろやかな味にした「豆乳坦々面」、船橋産の小松菜粉を生地に練り込んだ小松菜小龍包など3種類の味が楽しめる「三種小龍包(豚肉、エリンギ、小松菜)」、野菜たっぷり「揚げ餃子」等6品

・いなば和幸/日常の贅沢大人のとんかつ給食(1,780円)

肉と野菜が一緒に採れる「チーズ梅じゃがいもの豚ロールカツ」、給食のセレクトメニューを意識した選べるメイン「ヒレカツ又は海老フライ」、給食で人気の「礒香和え」等6品

・ダーキーダックチキン/あっさりパスタセット(1,760円)、しっかりオムライスセット(1,706円)

給食のセレクトメニューを意識しており、メインを「しらす干しと江戸菜のペペロンチーノ」、「ほうれん草ときのこのデミグラスオムライス」のどちらかを選び、緑黄食野菜を多く使用した「花野菜のパングラタン」など3品とドリンクのセット

 

%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%902 dsc_1331_%e6%a2%85%e3%81%ae%e8%8a%b1
、「南翔饅頭店」6品目の満足飲茶セット 「梅の花」山茶花(さざんか)
%e4%b8%8d%e4%ba%8c%e5%ae%b6re2%e3%81%93%e3%82%8c%ef%bc%81 %e3%82%8f%e3%81%93%e3%81%86re
「不二家レストラン」からだいきいきバランスプレート 「いなば和幸」日常の贅沢大人のとんかつ給食
%e4%b8%ad%e8%8f%af menyu
「南翔饅頭店」6品目の満足飲茶セット  
%e3%81%b2%e3%81%a8 %e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e8%a1%a8

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ