2016年09月04日 配信

9/4(日)船橋市場の飲料&菓子問屋でボランティア募集

品出しボランティアで市場を体験

img_4595marutomi  
   

船橋市場で問屋業を営む「丸富商店」と「山下商店」で品出し作業を手伝ってくれるボランティアスタッフの募集を9月5日から開始する。

 

 募集する人数は、若干名。最近マスコミやテレビ番組の収録などで取り上げられている事から船橋市場の来場者が激増。隔月第1土曜日に実施している「楽市」や同様の「市民感謝デー」には関連商業組合棟の店舗から人が溢れるほど来場者がやってくるという。

 

 「おかげさまで毎週土曜日になるとたくさんのお客様がいらっしゃいます。でも、接客対応に忙しすぎて品出しする余裕がないんです。在庫はたくさんあるのに商品をだせないから、売り切れだと思われて、売れ残ってしまう事がしばしば…」と、丸富商店の飛騨さんは頭を抱える。

 「薄利のビックリプライスが自慢なので人を雇う余裕がないんです。人を雇ってしまったらビックリプライスは実現できないし…」と、商品在庫の段ボール山の中で苦しい胸の内を明かす。

 

 飛騨さんは、火曜日と土曜日には翌日が市場の休日に当たるため、品出し業務の為、早朝から翌朝8時まで勤務しているという。しかし、販売機会損失で商品在庫は増えるばかりだ。

 

 そこで、「虫のいい話で恐縮なんですけど…品出しを手伝ってくれる、ボランティアの方を募集します」と、丸富商店の飛騨さんと、山下商店の山下さんは熱心に呼びかける。「9時~12時までの間手伝ってくれれば本当に助かります。お昼は市場の食堂でしたら何を食べていかれてもご馳走します」とも。

 

 ボランティアなので報酬はゼロだ。その代わりに、市場ならではの驚くような「何か」を謝礼として提供する場合もあるという。今回市場を体験できるボランティアを募集するのは、丸富商店と山下商店の2店舗。毎月第1土曜日の9時頃から12時ごろまでお手伝いを希望している。

 

 問合せ先は、フィット(TEL047-421-1777)。平日9時~18時まで。応募受付は専用の応募フォームから。ボランティア経験の欄に「船橋市場を体験したい」と記入して送信すればスタッフから折り返しの連絡をする。 応募フォームは、https://myfuna.net/form/volunteer/

 

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ