2017年01月05日 配信

1/5(木)船橋市地方卸売市場で初競り

例年と比較して葉物の出荷が多め、初値は例年通りか

img_0753hatuseri img_0759hatuseri
   

 船橋市地方卸売市場(船橋市市場1-8-1)で1月5日、2017年の仕事始めとなる最初の競り「初競り」が行われ、多くの買参人が年始のあいさつと共に初競りに臨んだ。

 同市場では、1月5日が仕事始めとなり、場内の各企業でもこの日が仕事始めとなった。朝5時台にマグロの競りを水産仲卸の売場で、7時から青果仲卸の売場で今年最初の競りが行われた。

 船橋市場の青果仲卸で働く浅沼仁さんは、「今年は初値は例年並みかな。少し葉物が多いように見えるかな」と、初荷の状況を分析。この日は市場の初仕事で初競りとあって松戸徹船橋市長も市場を訪れ競りの様子を見守った。

 「4月1日に市政80周年を迎える今年。活力がみなぎっているのを感じる。大消費地を背後に抱える市場としてこの市場がますます発展するよう、より一層取り組みます」と松戸市長があいさつ。

 続いて、「今年はひのととりで60年に一度の商売繁盛の年。新しいことを考えてチャレンジしていきたい」と、船橋市場青果荷受会社の長印船橋青果の代表和田孝久さんがあいさつをすると、船橋青果商業協同組合の河合努理事長の掛け声で三本締めの手打ちを行い2017年の初競りが始まった。

 

img_0734hatuseri img_0732hatuseri
img_0765hatuseri img_0743hatuseri
   
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ