2017年04月06日 配信

4/6(木)船橋市内の桜が間もなく満開
週末を目途に見頃を迎える

17523283_1314502301977946_4335788707857391318_n   

 入学シーズンを迎えている船橋市内では各地の花見スポットで桜が見ごろを迎え、あたたかな日差しの中で散歩を兼ねた多くの市民が花見見物を楽しんでいる。

 市内の桜はいずれも週末をピークに満開を迎える見込み。6日頃から入学式を迎える市内の各地では初々しい新入学生のはにかんだ笑顔と春らしい気候にまもなく満開を迎える桜が彩りを添えている。

 まいふな編集部では、各記者が取材の合間を見て桜の開花状況を撮影。順を追って各地の開花状況を紹介していく。

 「中山競馬場前桜並木」は、撮影当時6割程度の開花だったが、すでに道路を走るドライバーの目を奪うに十分な量の桜が開花、見事な桜のアーチが形成されている。

 「天沼弁天池公園」では、船橋情報ビジネス専門学校の学生らが講義の合間をぬって花見を敢行。すぐ近くにセブンイレブンがあることから食料やつまみ、缶ビールやドリンクなどの調達が手軽なことから手ぶらで花見を楽しめる。また、夜間はライトアップの明かりで幻想的な桜を楽しむことが出来るようになっている。

 「海老川ジョギングロード」では、2週間ほど前から屋台が出店。仮設のカウンターを設置するなどして食事を楽しめる雰囲気が用意されている。日中は散歩ついでに屋台を冷やかす市民の姿がみられる。

 また、夜間も21時過ぎまで屋台営業が続いているためワンカップを右手に、海鮮串焼を左手にといった具合で夜桜見物を楽しむ人の姿が目立っている。

 「永津川親水公園」では、満開の桜の薄いピンク色のカーテンと土手に咲く「諸葛菜(ショカッサイ)」のうす紫色が一面に広がる見事な景色を楽しめる。例年、桜の時期には菜の花が黄色い花を土手いっぱいに咲かせ、黄色とうすピンクの調和を楽しめる同公園。今年は、いつもとは趣の異なる風景写真を撮影しようと市民カメラマンが集まり花見に合わせて撮影会をするなどして賑わいをみせている。

17523468_1314502308644612_4127959300959425903_n 17760066_1314502305311279_6321971036811791666_n
img_5829amanuma 17523283_1314502301977946_4335788707857391318_n
img_5764hanami img_5775hanami
   
   
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ