2018年02月04日 配信

2/4(日)船橋大神宮の節分祭
神楽の舞と豆まきに多数の来場者

daijingu01  
   

 船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1、TEL 047-422-2333)で毎年恒例となっている節分祭が2月3日に行われ、大勢の人でにぎわった。 

 節分祭は立春の前日に行われ、午前と午後の2回、神楽の舞と豆まきが行われた。今年は天気も良く、土曜日だったこともあり、10時の開始前から子どもの姿も多く見られ、300人以上の来場者でにぎわいをみせた。 

 松戸徹市長を先頭に大神宮総代や、招かれた年男年女の氏子たちが拝殿でお祓(はら)いを受けた後、神楽殿で神楽の舞が奉納された。その後、厄除けの豆まきが行われた。 

 神楽の舞は、神楽殿をお祓いする「巫女舞」、神さまを神楽殿に導く「猿田彦の舞」、福の神の恵比寿と大黒の「蛭子舞(ひるこまい)」、赤鬼と青鬼を山の神である「鍾馗(しょうき)」が退治する「山神舞(さんじんまい)」の4種類の舞が奉納された。

 中でも「蛭子舞」に出てくる恵比寿と大黒を同時に見ることができるのは、1年に1回節分祭のときだけだという。 

 山神舞で鬼たちが外へ退散し、年男年女たちにより福豆や菓子、餅、おひねりなどがまかれると、子どもから高齢者までが手を上げたり袋を高く上げたりして、盛り上がりを見せた。

 70代の男性は「あまり豆がとれなかったので、午後の部も来ます」と話し、近所に住む30代の主婦は「いつもは子どもは学校で来れなかったのですが、今年は土曜日なので始めてきました。みなさんの勢いがすごいですが、子どもがお菓子をとれたのでよかった」と笑顔で話した。

daijingu02 daijingu03
daijingu06 daijingu05
daijingu04  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
市内最大規模の夏祭り「ふなばし市民まつり」が28日から、今年... 7/22(土)船橋最大の夏祭り「ふなばし市民まつり」28日から 今年は「ふなっしー」が来場    同祭りは船橋市の主催するものでは最大規模のイベント。船橋駅周辺、中山、習志野台、二和向台の各会場とも趣向を凝らした催しを予定している。  例年、各会場合わ...
船橋大神宮の「初詣」に長蛇の列、晴天の中初もうで客でにぎわう... 1/1(月)船橋大神宮の「初詣」に長蛇の列、晴天の中にぎわう 市内の神社仏閣が初詣客でにぎわう                   2018年の年が明けた1月1...
船橋大神宮の節分祭り、神楽(かぐら)と豆まきでにぎわう... 2/5(日)船橋大神宮の節分祭 神楽(かぐら)と豆まきでにぎわう    船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1、TEL 047-422-2333)で毎年の季節行事である「節分祭」が2月3日、午前と午後の2回行われ、大勢の人たちでにぎわった。  この祭り...
第29回 灯明台祭 新成人の門出を祝う灯明台祭が開催 1月10日(日) 船橋大神宮境内にある灯明台(県の文化財指定)は、かつて船橋沿岸を航行する船の目印とされていたが、戊辰戦争(1868)で消失。明治13年(1880)に再建、明治28年(1865)まで政府公認の施設灯台として活躍。 現在は、新成人の門出を祝い...
船橋大神宮で恒例の「ふなばし朝市」、新鮮な野菜や地元食材のメ... 2/11(日)船橋大神宮で恒例の「ふなばし朝市」 新鮮な地元食材に開始前から大行列    船橋市の主催する「ふなばし朝市」が2月10日、船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1)境内で行われ、開始前から多くの来場者でにぎわいをみせた。  同朝市は平成22...
「金杉台なつまつり」2日間開催の復活へ、新実行委員の地域再生... 8/28(月)「金杉台なつまつり」が2日間開催に復活 新実行委員の地域再生への想い        金杉台団地商店街(船橋市金杉台1-1-2)と金杉台公園(船橋市金杉台1-1)の2会場で8月26日、27日の2日間に渡って「金杉...
船橋二和病院で「ふたわ盆踊り大会」、祭りならではの交流も... 8/21(月)船橋二和病院で「ふたわ盆踊り大会」 病院の関係者主体による祭り          船橋二和病院(船橋市二和5-1-1、TEL047-448-7111)の第2駐車場で8月19日、「ふたわ盆踊り大会」...
市内各所で夏祭りの時期到来、船橋の祭り2017... 7/27(木)市内各所で夏祭りの時期到来 船橋の祭り2017    船橋市内の町会・自治会各所、幼稚園、神社などでは、7月中旬から週末を中心に「夏祭り」が各地で開催されている。  今年、船橋市は市制80周年、市民まつりは50回目の記念開催で、花...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ