2016年09月12日 配信

9/12(月)船橋在住の高校生丸山さんがダンス世界大会で準優勝

ヒップホップで3年連続トップ3の快挙

160912.JPG
 
   

 ヒップホップダンス世界大会「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 2016」のバーシティ部門(13~17歳 5~8人の部)で準優勝の丸山楓薫(ふうか)さんが9月9日、その快挙を松戸徹市長に報告のため船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪れた。

 丸山さんは、コナミスポーツクラブの選抜チーム「J.B. STAR VARSITY」(8人)のメンバーの1人。同チームは今年4月10日に船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)で行われた全国大会で日本代表に選ば れ、アメリカ合衆国ネバダ州のラスベガスで開催された世界大会「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 2016」(8月8日~13日)に出場した。

 「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP」は2003年から始まり、今年丸山さんが出場したバーシティ部門は72チームが参加。ヒップホップダンスのオリンピックともい える規模での激戦の末、丸山さんが所属する「J.B. STAR VARSITY」は準優勝に輝いた。

 丸山さんは、2014年には3才年上の姉の湖乃葉(このは)さんと一緒に同大会同部門で優勝、2015年には3位入賞と3年連続で世界大会トップ3という輝かしい成績を収めた。

 丸山さんは、船橋生まれの船橋育ちで田喜野井在住。薬園台南小学校、三田中学校の出身で現在県立船橋芝山高校(船橋市芝山7-39-1)の1年 生。大会では「年々チーム名が出場者や観客の間でも定着しファンが増えている。踊っていて沸き起こるくらいのコールを感じうれしかった。今回の快挙を同級 生もよろこんでくれた」と笑顔で話した。

 ダンスを始めたのは4歳の時に姉のダンスの発表会を見たのがきっかけ。現在は週2回以上都内のコナミスポーツクラブで練習に励む。影響を受けたダ ンスチームは世界大会常連の「ザ・ロイヤル ファミリー」(ニュージーランド)。丸山さんは「これからもダンスを続けたい。芸能活動にも興味がある」と も。

 松戸市長は「世界大会で3年連続トップ3はいかにすごいことか。結果を出すのは大変だけれど自分なりにブラッシュアップして目標に向かって頑張ってほしい。次回も楽しみにしている」と激励の言葉を送った。

160912dance02.JPG 160912dance01.JPG
船橋市長と 丸山さん
160912dance04.JPG  
準優勝のメダル  

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ