1/6(金)船橋アリーナで「平成29年船橋市消防出初式」

伝統を受け継いだバランス技の披露

img_7094dezomesiki-thumb-300x225  
昨年の様子  

 船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1、TEL 047-461-5611)で 1月7日、「平成29年船橋市消防出初式」が行われる。

 主催は船橋市消防局と船橋市消防団。同企画は例年、正月三が日が明けた最初の土曜日に行われ、例年1800人ほどの来場者がある。

 当日は9時30分から第1部の式典(手話通訳あり)、10時45分頃から第2部の演技となり、船橋市消防特別作業協力会による「はしご乗り」、たきのい幼稚園の「幼年消防クラブ鼓笛隊」、船橋市消防局音楽隊と船橋市立船橋高校ダンス部による合同の「消防音楽隊ドリル演奏」に、最後に一斉放水が行われる。

 「消防出初式は、市民の安心・安全を願って昭和24年から続けられている伝統行事です。鼓笛隊や音楽隊による演奏やはしご乗りなどが披露され、最後の締めくくりとしての消防車10台による一斉放水は圧巻で、『今年最初で最後の放水にしたい』という消防職団員の願いを込めて行っています。どなたでも楽しめる内容となっておりますので、是非ご参加ください」と船橋市消防局総務課総務係の宮前さんは話す。

 新京成電鉄・北習志野駅東側ロータリーからは無料送迎バスが運行(8時30分から、6歳未満の乗車は不可)。またこの日は船橋アリーナの駐車場は使用できなくなっているが、日本大学理工学部キャンパス内に駐車することができる。

 見学無料。雨天実施。問い合わせは船橋市消防局総務課(TEL 047-435-1112)。

img_3372-1  

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ