2018年02月26日 配信

2/26(月)立食い焼肉「STAND BY MEAT」がオープン
和牛希少部位を一切れから

28459303_1658980690876370_1127127869_n   
   

 京成船橋駅から徒歩1分の路地裏に2月16日、立食い焼肉BAL「STAND BY MEAT(スタンドバイミート)」(船橋市本町4-45-15、TEL 047-426-3513)がオープンした。

 店長の新井真弓さんは、船橋生まれの船橋育ち。子育てをしながら医療関係の仕事に従事していたが、たまたま食事に行ったお店が人手不足と知り、手伝う内に飲食業の道へと進んだ。

 店名は、言わずと知れた映画「STAND BY ME」に由来。新井さんは「誰でも知っている映画なので、すぐに店名を覚えてもらえる」と話す。

 同店は、新井さんの兄がオーナーを務め、隣接している焼肉店「焼々」の姉妹店としてオープン。「焼々」が内臓肉中心のメニューに対し、同店では赤身肉が中心となり、A4、A5ランクの希少部位をより気軽に味わえるよう、一切れから注文することができる。

 人気メニューの「中落ちカルビ」(180円)や、女性に人気の「はらみ」(230円)、1頭からわずか3キロほどしかとれない「ザブトン」(380円)など、さまざまな部位を少しずつ食べ比べて楽しむことができる。同店で扱う和牛は、芝浦食肉市場から直接仕入れている。

 店先には新鮮な和牛が並ぶショーケースがあり、「お客様の目で直接、新鮮さを感じてもらいたい」との思いから考案したという。木目調で統一された店内に入ると、スタンディングのカウンター席が9席、各席に小ぶりなロースターが据えられている。

 「女性が一人で入れるお店」をコンセプトに掲げる同店は、ヘルシーでつまみやすいタパスや、「ちょっとだけ生(220ミリリットル)」、カクテルやワインを取りそろえるなど、新井さんの女性店長ならではの心配りが随所に見られる。

 「給料日、頑張った自分へのご褒美においしいお肉を、といった気持ちで気軽に、さくっと立ち寄ってほしい」と新井さんは話している。

 営業時間は17時~23時45分。日曜定休。

28383996_1656573891117050_2145645887_n  28449636_1658980490876390_469395534_n 
 28383447_1658978794209893_2147294506_n  28534910_1658978724209900_769732660_n
 15595  15594
 15599  15598
   
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ