2018年01月14日 配信

1/14(日)日ハム新入団選手歓迎式典にファン約2800人

ドラフト1位の清宮「将来は三冠王を獲りたい」

nyudanshikiten001  
 選手の手形は新鎌ヶ谷駅自由通路に展示予定(右・西村投手/左・清宮選手)  

 北海道日本ハムファイターズのファイターズタウン鎌ケ谷(鎌ケ谷市中沢459、TEL 047-446-5586)で1月14日、「2018年度新入団選手歓迎式典」が行われた。

 2000枚の前売券は発売直後に完売。球場ではパブリックビューイングが行なわれ、約800人のファンが屋外から式典の様子を見届けた。
 
 埼玉県川口市から訪れた30代女性は「式典にはほとんど毎年来ているが、今回は大谷選手の時より来場者が多いように感じる。清宮選手の注目度の高さを改めて思い知った。幸運にもチケットが取れたので、清宮選手だけでなく今年の新人選手たちのキャラクターをしっかり見て来たい」と、開会前に話した。
 
 清宮幸太郎選手(ドラフト1位・早実高)ら7選手は鎌ケ谷市への転入届を提出し、この日から鎌ケ谷市民となった。
 
 清水聖士鎌ケ谷市長からは鎌ケ谷市名産の梨とともに、「この鎌ケ谷で基礎をみっちり鍛えて、早いタイミングで一軍でバリバリ活躍してほしい」との祝辞が贈られた。
 
 市長は続けて「栗山監督から高卒のルーキらには恋愛禁止令が出されていると伺っている。鎌ケ谷市としても、この方針に全面的に協力したいと思っております」と述べると、客席からは笑いが起こった。
  
 式典後にはファンとの交流会が開催され、ファンからの質問コーナーや、サイン入りグッズの抽選会などが行われた。
 
 質問コーナーの際、「将来獲りたいタイトルは?」と聞かれた清宮選手が「三冠王を獲りたいです」と答えると、客席からは拍手が湧き起こった。
 
 また、「清宮選手を抑える自信はありますか?」と聞かれた西村天裕(たかひろ)投手(ドラフト2位・NTT東日本)が「清宮の方が6歳下なので、権力で抑え込みます」とおどけてみせる一幕も見られた。
 
 選手たちによるお絵かきコーナーでは、「前日練習していた」とのエピソードをDJチャスから暴露された鈴木遼太郎投手(ドラフト6位・東北学院大)が、しっかりと練習の成果を披露した。
  
  今年の抱負を表す漢字に、清宮選手は「道」の字を選んだ。「どんな時でも自分の信念を貫いていこうという思いから、この文字を選びました」と話した。
 
 宮台康平投手(ドラフト7位・東京大学)は「武」の文字を披露。「今までは文武両道を目指して頑張って来たが、これからは野球一本。しっかり野球に集中したいという気持ちをこの漢字に込めました」と、最高学府の学生からプロ野球選手へ、既に気持ちが切り替わっている様を見せた。
  
 「歓迎式典に来たのは去年に続いて2回目ですが、人の多さにびっくりしました」と話してくれたのは、東京都清瀬市から訪れた20代男性。

 「普段は見ることのできない選手たちの一面を見ることが出来る貴重なイベント。とても楽しませてもらった。春からはもちろん野球の方で楽しませて欲しいです」と、多くの人がルーキーらの活躍に期待を寄せている。

nyudanshikiten002 nyudanshikiten003
地元少年野球の選手から花束の贈呈を受けた清宮選手  既に新人選手のグッズを手にしているファンも多数見られた
nyudanshikiten004 nyudanshikiten005
   
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ