2016年12月31日 配信

12/31(土)市立船橋高校サッカー部が全国高校サッカー選手権大会1回戦突破

京都橘高校と対戦、3年前の雪辱果たす

  img_0593ichifunavskyoutotatibana
   

 市立船橋市高校サッカー部が12月31日にフクダ電子アリーナで行われた第95回全国高校サッカー選手権大会1回戦で京都橘高校と対戦し、激戦の末1対0で試合を制した。

 同高校のサッカー部は、インターハイでの優勝回数が日本一という全国屈指の強豪校。今夏も流通経済大学付属柏高校を決勝で下し、9回目のインターハイを制覇した。この冬の高校選手権では、同部としての初快挙、夏冬2冠を目指す。

 この日の対戦相手、京都橘高校とは3年前の同92回大会でも対戦しているが、その際は0対2で敗北している。この日の試合は高校サッカー界の名門校同士の対戦として多くの注目を集め、会場は満員となった。

 市立船橋高校には、DF杉岡大輝選手、DF原輝綺(はらてるき)選手、MF高宇洋(こうたかひろ)選手のJリーグ内定3選手。一方の京都橘高校はU-19日本代表FWの岩崎悠人選手がいる。

 試合は、市船のファーストシュートから始まり前半は一進一退の攻防を繰り広げたが、0対0で折り返す。後半、66分に杉山弾斗選手の放ったフリーキックが決定弾になり市立船橋高校が激戦を制した。

 京都橘高校の岩崎選手は再三にわたってチャンスを生み出し、市船ゴールを脅かしたがこの日は無得点のままで終わった。

 市立船橋高校の次の試合は、1月2日。群馬県代表の前橋育英高校との対戦が決まっている。

img_0611ichifunavskyoutotatibana img_0634ichifunavskyoutontatibana
img_0653ichifunavskyoutotatibana img_0658ichifunavskyoutotatibana
img_0667ichifunavskyoutotatibana img_0698ichifunavskyoutotatibana
img_0702ichifunavskyoutotatibana img_0737ichifunavskyoutotatibana
img_0772ichifunavskyoutotatibana img_0815ichifunavskyoutotatibana
img_0818ichifunavskyoutotatibana img_0821ichifunavskyoutotatibana
img_0834ichifunavskyoutotatibana img_0870ichifunavskyoutotatibana
img_0872ichifunavskyoutotatibana img_0876ichifunavskyoutotatibana
杉山選手の放った決定弾がゴールネットを揺さぶった  
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ