2017年02月17日 配信

2/17(金)市民の力事業として東部公民館で「手話ソングライヴ」

音楽と手話のパフォーマンス

shuwalive02  

 東部公民館(船橋市前原西2-21-21、TEL 047-477-7171)4階講堂で2月26日、「手話ソングライヴ『Music Sign』~いつでもどこでも手話がある~」が開催される。

 同イベントは平成27年4月から始まった「市民の力活用事業」に応募した「手話サークル空」が企画したもので、主催は東部公民館と同手話サークル。東部公民館で市民の力活用事業のイベントを開催するのは初めて。

 出演するのは、舞台やテレビで活躍する演劇集団キャラメルボックス所属の三浦剛さんと、三浦さんの妻でもあり日本初のろう主演女優でもある忍足亜希子さん。そのほかテレビやラジオにも出演している3人組のボーカルエンターテイメントグループ「ダイナマイトしゃかりきサ〜カス」、都内のライブハウスを中心に活動している2人組の「SOONERS」。

 イベントでは音楽に合わせた手話パフォーマンスなどが披露される。手話パフォーマンスは、健聴者、聴覚障がい者にも音楽が伝わるように、手話と顔の表情を全身で表現し伝える。ライブ開演前には「手話サークル空」の会員によるミニ手話講座も。

 「手話をよく知らない人でも、健聴者でも聴覚障がい者でも、みんなで楽しめる内容です。手話に少しでも興味を持ってもらえればうれしい」と東部公民館の吉野館長。

 ライブは13時30分開場、14時開演。入場無料。申し込みは、東部公民館窓口にて整理券を配布(1人2枚まで・電話不可)。

 問い合わせは、東部公民館(TEL 047-477-7171またはFAX 047-477-7172)まで。

shuwalive01  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ