2017年06月20日 配信

6/20(火)市川~成田最短ルート「北千葉道路」実現に、広報ワーキングG
活動PRのために広報誌も

kitachiba1  
現在開通している鎌ヶ谷市~印西市の北千葉道路  

 市川市と成田市を最短ルートで結ぶ「北千葉道路」の全区間開通に向けて、「北千葉道路広報ワーキンググループ」(千葉県県土整備部道路計画課、TEL043-223-3281)が発足、5月27日に広報誌第1号を発行した。

 「北千葉道路」は1960年代に計画され、全長約43km。東京外郭環状道路(外環道)と成田空港を最短で結ぶ道路として大きな期待が寄せられている。また周辺道路の渋滞緩和、災害時の緊急輸送道路としても効果が期待されている。

 鎌ヶ谷市~印西市間は、4または8車線で一般道路として開通しており、印西市~成田市間は現在整備が進められている。市川市~鎌ヶ谷市間の約9kmは有料道路として整備される方針は決まったものの、まだ計画段階。

 この市川市~鎌ヶ谷市間の開通実現に向けて、より多くの人に計画の概要や必要性、検討状況を広めることを目的として「北千葉道路広報ワーキンググループ」が発足し、広報紙「北千葉道路だより」が発行された。

 北千葉道路広報ワーキンググループの構成員は千葉県、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、船橋市、白井市。広報誌は北千葉道路の市川市~白井市間の沿線を中心とした約3km範囲を対象として新聞に折り込み、その他市役所などの公共施設で閲覧できるようになっている。発行部数は約30万部。5月27日に広報誌第1号を発行し、今後は不定期に発行する予定だ。

 「まだ都市計画、環境アセスメントなどいろいろな課題が残っていますが、より多くの人にまず知ってもらって、実現していきたい」と千葉県県土整備部道路計画課の担当者。

kitachiba02   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ