2017年04月03日 配信

4/3(月)勤労市民センターで医療の講演会「健康ルネサンス」
肌の悩みとケトン体をテーマに医師がコラボで

img_5451iryourunessannsu img_5459iryourunessannsu

 船橋駅北口に船橋ゆーかりクリニック(船橋市本町4-19-6)を構える医療法人茉悠乃会が肌の悩みとケトン体を使った健康法をテーマに医師二人によるコラボの医療講演会「健康ルネサンス」を3月30日に開催した。

 この日講師を務めたのは、同法人の代表で医師の寺田伸一さんと、千葉県市原市で宗田マタニティクリニックを開業している医師の宗田哲男さん。寺田さんは、形成外科の専門医で皮膚科、美容、がん統合医療まで幅広い知識を持つ医師。宗田さんは、「ケトン体が人類を救う」の著者。2008年に糖尿病を発症し、肉食中心の制限食で正常化、妊娠糖尿病の妊婦にも応用しインスリンなしで正常分娩を行った事例を複数持っている。

 この日は、50人を超える参加者が会場に集合。前半は寺田さんによる肌のトラブルに関する事例とその原因をまとめた講演「お肌の悩み解決法」を、後半に宗田さんが自身の体で実証し、経験を積んできたケトン体による健康法を講演した。

 なお、ケトン体とは、炭水化物の摂取を制限することで脂肪から生成される体内物質。これをダイエットに活用することで芸能関係者などを中心に話題を呼んでいる。

 この日参加した40代の女性は、「知っている知識もあったが、知らないことの方が多く、いろいろと実生活の中で試してみたいと感じた」と感想を話した。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ