2016年08月29日 配信

8/29(月)三番瀬海浜公園で防犯キャンペーン
凧揚げで呼びかけ

160829takoage51

ふなばし三番瀬海浜公園(船橋市潮見町40)の浜地で8月27日、船橋警察署による防犯キャンペーンが行われ、移動交番の開設とのぼり旗を使用した凧揚げが行われた。

 「STOP電話de詐欺」「重点警戒地区 自転車盗!」など書かれたのぼり旗を使用した凧揚げは、一般市民の提案で今回初の試み。

 この提案をしたのは「日本凧の会」会員の藤井孝さん。2年前に車の免許更新のために免許センターに行った際、「振り込め詐欺防止」などが書かれたのぼり旗が目に入り、「これを凧にして凧揚げすることで防犯に役立てないか」と思いついたという。

 即日、免許センターの職員に相談。その後、話はとんとん拍子に進み、今回のイベント開催に至った。「提案したことが実現して嬉しい。地域の安全のために少しでも役に立てれば」と藤井さん。

 同日は藤井さんをはじめとする日本凧の会会員9人がのぼり旗の凧を持参して参加。曇り空で風も強かったが、のぼり旗の凧は空高く舞い上がり、遊びに来ていた家族連れやバーベキューをしている若者たちも興味深そうに見たり、一緒に凧揚げを楽しんだりした。

 船橋警察署生活安全課の中村益史さんは「のぼり旗を凧にするというアイデアを聞いたときは、驚きました」と笑顔で話す。「立て看板とはまた違って人目をひくので、こうやって注意喚起することで少しでも犯罪が少なくなれば」とも。 

 

160829takoage81 160829takoage21
160829takoage31 160829takoage41
160829takoage61 160829takoage71
   

 

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ