2017年05月03日 配信

5/3(水)三咲の「病児保育室わかば」5月8日オープン
県初「送迎対応付き病児保育事業」

wakaba003_r  
玉元院長と尾﨑さん  

 三咲駅そばの「コミュニティクリニックみさき」(船橋市三咲3-1-15)内に5月8日、送迎対応付き「病児保育室わかば」(TEL 047-448-4008)がオープンする。 

 市内に病児保育所は5ヶ所あるが、タクシーによる送迎対応が可能になったのは同院が初めて。船橋市では、保育所などで子どもが急に体調を崩しても保護者が仕事の都合ですぐに迎えに行けない場合に看護師等がタクシーで迎えに行き、一時的に病児保育室で預かる「送迎対応付き病児事業」を同日に始めることから、同院もこのタイミングに合わせて開設に踏み切った。  

 「送迎対応付き病児保育事業」の対象児童は、事前に「病児保育室わかば」に登録をした船橋市内の保育園、認定こども園、小規模保育事業所、幼稚園等に通う未就学児。登録は健常児も可能で登録料は無料。現在約30人の登録があり、登録者は近隣地域から西船橋方面など広範囲にわたる。 

 保育施設と「病児保育室わかば」間のタクシー代は船橋市が負担するが、利用料以外に受診料は実費負担となる。「送迎対応付き病児保育事業」は2017年度から始まった厚生労働省の「病児保育事業」のひとつで事業の運営費用の一部は国が負担する。 

 船橋市医師会会長であり「コミュニティクリニックみさき」の玉元弘次院長は、「保育施設で急病になり保護者がすぐに迎えに来られない場合、一番困っているのは子どもたち。働くお母さんたちの苦労を目の当たりにしており、子どもたちのためにこの事業を始めるにいたった。保育施設からすみやかに病院で受診後、病児保育室で子どもを預かることにより、インフルエンザなどの伝染性感染症の拡大を防ぐこともできる」と話した。 

 「病児保育室わかば」室長の尾﨑千景さんは、「働く保護者は子どもが急病でもすぐに迎えにいけない苦しい立場の人が多い。急病になった子どもは、過酷な保育現場では十分に看護する余裕がない。この福祉事業を多くの保護者に知ってもらい利用してほしい」と話す。 

 「病児保育室わかば」は「コミュニティクリニックみさき」の入院施設だった病棟を8日のオープンに向けてリフォーム中。定員は3人だが、「状況に応じて定員を増やしていきたい」と玉元院長。 

 「病児保育室わかば」の開設日時と利用料金は月、火、木、金曜日の8時~18時(2,000円。5時間以内は1,000円)。土曜日は8時~13時(1,000円)。祝日と年末年始は休み。 

 「送迎対応付き病児保育事業」に関する問合せは船橋市役所保育認定課(TEL 047-436-2329)まで。

wakaba001_r wakaba002_r
病児保育室の病棟 病児保育室内
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ