2017年09月13日 配信

9/13(水)リフォーム会社が地域貢献に駄菓子店をオープン
ログハウスの店が馬込沢で評判に

dagashi002  
広報部の高木さん  

 今年4月に小さなログハウスの駄菓子屋「ログの駄菓子屋さん」(船橋市馬込西2-18-14)が東武アーバンパークライン馬込沢駅から徒歩1分のところにオープンし、地元の子どもたちでにぎわいをみせている。

 同店は同じ敷地内に同日オープンしたリフォーム会社「誠建クリエート船橋本店」(船橋市馬込西2-18-14)が地元貢献の一環として始めたもの。 

 3坪の店内で販売する駄菓子は10~50円、おもちゃは100円前後で「誠建クリエート」の広報部スタッフが船橋市場などで仕入れたものを販売している。

 店番には近隣の高齢者を採用。早くも子どもたちから「しまちゃん」などとあだ名で呼ばれ親しまれている。「開店前に子どもたちが店の前で待ってこともある。駄菓子屋は地域住民に喜んでいただくことを目指して作りましたが、もともと駄菓子屋が好きな社長の夢でもある」と、広報部の高木栄一さん。「ログハウスはかわいらしいイメージで目をひくように同社の大工が作りました」とも。 

 誠建クリエートの宮本義勝社長(39)は船橋市出身。宮本さんは約20年前に職人からスタートし、1996年に双子の兄・宮本貴嗣さんと大規模修繕工事などを請け負う「誠真工業」(八千代市勝田台南2-10-4)を立ち上げた。

 2016年7月に住宅リフォーム部門が独立し、今年4月に馬込沢駅近くに本店を構えた。開店以来、同社は地元馬込町会や丸山町会のお祭りに出店するなど地域の活性化に貢献している。また1階のショールームの一角にレンタルスペールを設け、地域住民が気軽に利用することができる(1時間500円)。 

 9月16日には敬老の日にちなんで同社のショールームと駐車場でイベントを10時から15時で開催する。手作り体験の「フォトフレーム作り」と「造花でプチブーケ作り」の他、占い体験もできる(各体験の参加費は500円)。

 また同社が所有するドローンの撮影会も。綿あめ作りは100円、クレープのキッチンカーも来る予定。10月29日にはハロウィンイベントを開催予定。問い合わせは誠建クリエートまで(TEL 0120-609-661)。

 営業は平日15時から17時30分、土日祝日は10時30分から17時30分。

dagashi004rere dagashi003
dagashi001 dagashi005
  広報部の鈴木さん
%e8%b3%87%e6%96%99%ef%bc%9a9-16%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc  
9/16イベントのポスター  
   
   
   
   
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ