2016年12月28日 配信

12/28(水)ボーイスカウト船橋地区の子どもたちが「歳末助け合い募金」を寄付

船橋市役所で「手渡し式」に参加

boyscout01  

 日本ボーイスカウト千葉県連盟船橋地区に所属する子どもたちが12月26日、市内で集めた「歳末助け合い募金」を松戸徹市長に手渡す「手渡し式」に出席するため、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪れた。

 全16団で構成されている船橋地区は、地域に根付いたボランティア活動や募金活動などを行い、一人一人が「より良き社会人」になることを目指して野外活動を中心にさまざまな活動を行っている。

 今回の「歳末助け合い募金」は、募金活動の一環として毎年実施しているもの。寄付した募金は船橋市社会福祉協議会を通じて、要保護世帯への歳末見舞金事業、障がい者等を対象とした福祉施設への助成事業など、地域福祉のために有効に活用される。

 12月のはじめから駅前や街頭など市内の各所で、スカウトとその保護者が募金活動を実施、63万658円の募金を集めた。

 高根台第3小学校4年の佐藤宏汰くんは、「みんなの心がこもったお金です。大切に使ってください」と挨拶をして松戸市長に手渡した。松戸市長は「ボーイスカウトの皆さんが頑張ってくれていて感謝しています。市としても子どもたちの可能性が生かせるまちづくりをしていきたいと思っています」と感謝の言葉を述べた。

boyscout04 boyscout05
boyscout03 boyscout01

原稿:十津川 校正:大西

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ