2017年04月24日 配信

4/24(月)ビビット南船橋で千葉県初のコスプレイベント「acosta
県外から多くの来場者

hakosta06  
   

 ショッピングモール ビビット南船橋(船橋市浜町2-2-7)で423日、コスプレイベント「ビビット南船橋&ハコスタジアム東京」が開催され、約500人のコスプレイヤーとカメラマンが来場した。

 「ハコスタジアム東京」は大阪に本社を置くハコスタが経営するコスプレ専用のスタジオで、201411月にビビット南船橋にオープン。コスプレイヤーとカメラマンのシェア撮影スタジオとして若者を中心に人気の施設。施設内には40種類以上の撮影セットや小道具などをそろえる空間。

 同社は池袋を中心に毎月1回コスプレイベント「acosta」を開催しており、5000人以上が来場する人気イベント。今回は千葉県で初となる「acosta」イベントをビビット船橋で開催した。「ショッピングモールでのイベント開催はほとんどないので、今回は貴重なので楽しんでほしい」と、ハコスタの西澤直史さん。

 同日はビビット内店舗への入店や撮影可能な協力店舗も多く、コスプレイヤーは思い思いの衣装で楽しんだ。神奈川県、埼玉県、長野県から来場したと話す20代の女性グループは「船橋にはハコスタがあるので数回来たことがあります。今日はいろんなお店に入ってみたい」と話した。「カードキャプターさくら」のコスプレイヤーは埼玉県と神奈川県から来場。「屋外のイベントが多いので、今日のようなショッピングモールでのイベントは楽しい」と笑顔で話した。

 「コスプレイヤーは、コスプレをした状態で店舗入店など規制されていることが多いので、こういうイベントで楽しんでもらえれば」と西澤さん。「船橋への集客にもつながれば嬉しい」とも。次回は7月に開催予定。

hakosta05 hakosta02
hakosta03 hakosta07
hakosta04 hakosta01
   
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ