2016年12月17日 配信

12/17(土)クボタスピアーズ・立川選手が日本代表チームのキャプテンに

ラグビーワールドカップ2019日本開催に向けて

tatekawa01  

 船橋に拠点を構えるラグビーチーム「クボタスピアーズ」(船橋市栄町2-16-1)所属の立川理道(はるみち)選手が12月14日、ラグビー日本代表のキャプテン就任を報告のため、船橋市役所を訪問した。

 次の「ラグビーワールドカップ2019」は日本で開催されることが決まっており、ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチのもと代表メンバー32人が10月に発表された。自国開催ということもあり、2019年のワールドカップは前回大会以上の成績が求められる。キャプテンも2人体勢になり、クボタスピアーズの立川選手とパナソニックの堀江翔太選手が就任した。

 立川選手は「ラグビーワールドカップ2015」で全試合に出場、ラグビーの最高峰リーグ「スーパーラグビー」出場経験もあり、クボタスピアーズにおいてもキャプテンとして中心的に活躍している選手。

 新監督になって変わった点について立川選手は「練習メニューが大きく変わり、戦い方も変わった。キックが多いニュージーランド風の戦い方の中に、日本人のスキルをうまく活かしながら戦っていければと思っています」と話す。
 また、11月の欧州遠征では1勝3敗の結果だったが「格上チームのウェールズに対しては内容のいい試合ができたので、大きな収穫だったと思う」と振り返る。「クボタとしてはトップ8に入れるようにがんばっていきたい。また全日本チームは簡単には勝てないと思いますが、焦らずがんばっていきたい」と今後の抱負を話した。 

 松戸市長は「クボタスピアーズから日本代表のキャプテンが選ばれて本当に嬉しい。市内のイベントなどで子どもたちとも触れ合ってくれているので、市民にとっては、ラグビーが少しは身近なスポーツになってきたと思います。いろいろ大変だと思いますが、がんばってください」とエールを送った。

 日本代表チームの今後の対戦スケジュールは2017年6月10日ルーマニア戦、6月17日、24日にアイルランド戦が決定している。(試合会場は未定)

tatekawa04 tatekawa03
tatekawa02  

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ